【用途別オススメ】タイヤサイズ・185/55R16(夏タイヤ)を徹底比較【6社14銘柄】

国家2級自動車整備士のミズコが

タイヤサイズ185/55R16

・取り扱いメーカー
・取り扱いブランド
・価格
・性能ランク
・用途別オススメ

これらを検討します!

必要な項目には目次から飛べます!

タイヤ購入のご参考にどうぞ!

 

185/55R16を純正装着している車種

主な純正装着している車種

  • ホンダ フィット フィットRS 
  • ホンダ フィットハイブリッド フィットハイブリッドRS
  • ホンダ インサイト グレイス
  • スズキ スイフト スイフトスポーツ
  • トヨタ カローラフィールダー

これらの車種が該当します。

185/55R16装着車について詳しくはこちら
185/55R16タイヤサイズを装着しているいくつかの一般的な車種をご紹介いたします。ただし、新車や特別仕様車などは含まれていないことにご注意ください。また、車種によっては一部のグレードや年式のみが該当することがあります。

  1. Honda Fit (ホンダ・フィット) – 特に3代目 (GK3/GK4/GK5/GK6) モデル
  2. Mazda2 (マツダ2) – DJ系の一部モデル
  3. Toyota Yaris (トヨタ・ヤリス) – XP130系およびXP210系の一部モデル
  4. Nissan Note (日産・ノート) – E12およびE13系の一部モデル
  5. Suzuki Swift (スズキ・スイフト) – 4代目 (ZC72S/ZC82S) および5代目 (ZC83S/ZC13S) の一部モデル
  6. Fiat 500 (フィアット500) – 一部モデル
  7. Ford Fiesta (フォード・フィエスタ) – 一部モデル
  8. Opel Corsa (オペル・コルサ) – 一部モデル
  9. Peugeot 208 (プジョー208) – 一部モデル
  10. Renault Clio (ルノー・クリオ) – 一部モデル
  11. Skoda Fabia (シュコダ・ファビア) – 一部モデル
  12. Volkswagen Polo (フォルクスワーゲン・ポロ) – 一部モデル
  13. Hyundai i20 (現代・i20) – 一部モデル
  14. Kia Rio (キア・リオ) – 一部モデル

これらの車種は、185/55R16 タイヤサイズを装着していますが、各車種の特定の年式やバリエーションによっては、異なるタイヤサイズが装着されている場合があります。車両の取扱説明書やドアのタイヤ情報プレートを確認して、正確なタイヤサイズを確認することをお勧めします。

タイヤ銘柄数は比較的少ないマイナーなサイズです。

主にスポーティ寄りのコンバクトカー用のサイズです。

ミズコ

ミズコの愛車のフィットハイブリッドRSが185/55R16です

タイヤ交換検討のため徹底調査します!

こちらの記事を読むだけで主要なタイヤはすべて網羅しています!

あなたに合ったタイヤが見つかります!

タイヤサイズとラベルの確認方法の記事はこちら

関連記事

ミズコこちらの記事ではタイヤの情報の確認の仕方をまとめています・タイヤ購入時のサイズ確認・タイヤ交換の時期の検討用これらにご活用下さい!タイヤサイズの確認の仕方タイヤの側面を見[…]

185/55R16の主要タイヤブランド(夏タイヤ)取り扱い状況

2024年03月現在の各主要タイヤメーカーの取り扱いタイヤを纏めます。

 

このサイズでは主要6社で14銘柄も有り、どれを選んだら良いのか判断が難しいと思います。

6メーカーの主なブランドまとめはこちら
185/55R16のタイヤサイズで、主要な6つのタイヤメーカー(ブリヂストン、ミシュラン、横浜、ダンロップ、トーヨー、グッドイヤー)の代表的なタイヤブランドを以下に紹介します。各ブランドは、さまざまなカテゴリーのタイヤを提供していますので、適切なタイヤを選ぶためには、ドライビング条件や使用目的に応じて選択することが重要です。

  1. Bridgestone(ブリヂストン)
    • Potenza(ポテンザ): ハイパフォーマンスおよびスポーツカー向け
    • Turanza(ツランザ): コンフォートおよびツーリング向け
    • Ecopia(エコピア): 燃費効率および低燃費性能を重視したエコタイヤ
    • Blizzak(ブリザック): スタッドレスウィンタータイヤ
  2. Michelin(ミシュラン)
    • Pilot Sport(パイロットスポーツ): ハイパフォーマンスおよびスポーツカー向け
    • Primacy(プライマシー): コンフォートおよびツーリング向け
    • Energy Saver(エナジーセーバー): 燃費効率および低燃費性能を重視したエコタイヤ
    • X-Ice(エックスアイス): スタッドレスウィンタータイヤ
  3. Yokohama(横浜)
    • Advan(アドバン): ハイパフォーマンスおよびスポーツカー向け
    • BluEarth(ブルーアース): 燃費効率および低燃費性能を重視したエコタイヤ
    • A.drive(エーダイブ): エントリーレベルのオールラウンドタイヤ
    • iceGuard(アイスガード): スタッドレスウィンタータイヤ
  4. Dunlop(ダンロップ)
    • Direzza(ディレッツァ): ハイパフォーマンスおよびスポーツカー向け
    • SP Sport(エスピー・スポーツ): オールラウンドパフォーマンス向け
    • Enasave(エナセーブ): 燃費効率および低燃費性能を重視したエコタイヤ
    • Winter Maxx(ウインターマックス)
  5. Toyo(トーヨー)
    • Proxes(プロクセス): ハイパフォーマンスおよびスポーツカー向け
    • NanoEnergy(ナノエナジー): 燃費効率および低燃費性能を重視したエコタイヤ
    • Open Country(オープンカントリー): SUVおよびライトトラック向け
    • Observe(オブザーブ): スタッドレスウィンタータイヤ
  6. Goodyear(グッドイヤー)
    • Eagle F1(イーグルF1): ハイパフォーマンスおよびスポーツカー向け
    • EfficientGrip(エフィシェントグリップ): コンフォートおよびツーリング向け
    • Assurance(アシュランス): オールシーズンおよびオールラウンドパフォーマンス向け
    • UltraGrip(ウルトラグリップ): スタッドレスウィンタータイヤ

これらのタイヤブランドは、各メーカーが提供する代表的なものです。タイヤ選びの際には、ご自身の運転スタイルや道路条件、気候条件などを考慮して選択することが重要です。また、車種やタイヤサイズに適したものを選ぶことも大切ですので、車両の取扱説明書やドアのタイヤ情報プレートを確認し、適切なタイヤを選んでください。

 

こちらは「スタッドレスタイヤ」と「オールシーズンタイヤ」を除いた「サマータイヤ」のみの纏めです。

 

また各表にAmazon価格を記載していますが、こちらは2024年03月時点での価格です。
※同月内でも変動しますので正確には表の銘柄よりリンクで飛べます。

ブリヂストンの185/55R16の夏タイヤの比較一覧

BRIDGESTONE(ブリヂストン)タイヤで185/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • REGNO GRーXⅡ
  • Playz PXⅡ
  • ECOPIA NH200C
  • NEXTRY

上記の3ブランドです。

 

BRIDGESTONEは1930年に石橋さんが創業した日本企業です!

石橋さんを英語にした「ストーンブリッジ」だと語呂が悪いので前後を入れ替えて現社名になっています!

タイヤ国内販売シェアNo1企業です!

世界4大タイヤ会社の一角です!

 

185/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄4種類を比較で並べました。

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
GR-XⅡGR-XⅡコンフォートタイヤ
Playz PXⅡPlayz PXⅡ低燃費タイヤ
ECOPIA NH200 CECOPIA NH200 C低燃費タイヤ
NEWNONEWNOスタンダードタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

REGNO・GR-XⅡのオススメポイント

REGNO(レグノ)シリーズはBRIDGESTONEを代表する最高峰のコンフォートタイヤブランドです。

 

REGNOはBRIDGESTONEの技術を総動員して作られた、名実共に高級タイヤです。

 

GR-XⅡ(じーあーるくろすつー)はレグノシリーズの中で最もスタンダードなタイヤです。

レグノシリーズには他にも「ミニバン専用」「軽自動車専用」モデルがあります。

 

特筆する特徴

  • 高い静粛性
  • 高い耐摩耗性
  • ふらつき制御性能

価格面では他社含めて定価は最も高いタイヤです。

REGNOについて更に詳しくはこちら
「REGNO(レグノ)」シリーズは、ブリヂストン(BRIDGESTONE)が提供する最高峰のコンフォートタイヤブランドです。レグノは、快適な乗り心地、静粛性、優れた燃費性能を追求したタイヤで、乗用車向けに開発されています。レグノシリーズは、優れたウェット性能や乾燥路面での安定性も特徴です。

レグノシリーズには、以下のような主要なタイヤがあります。

  1. REGNO GR-XI(レグノ GR-XI): 静粛性と乗り心地に優れ、ウェット性能と燃費性能も高いレベルでバランスがとれたタイヤです。また、ブリヂストン独自の静音技術「Silent AC」を採用し、騒音を低減しています。
  2. REGNO GR-Leggera(レグノ GR-レジェーラ): 軽量化を追求したタイヤで、高い燃費性能と優れた乗り心地を両立しています。また、ウェット性能も向上しており、安全性にも配慮されています。

これらのタイヤは、シティカーやファミリーカー向けに設計されており、快適なドライビングを重視するドライバーに適しています。ただし、スポーティな運転性能を求める場合は、ブリヂストンの「Potenza(ポテンザ)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。

ミズコ

レグノはミズコも大好きなタイヤです!

前に乗っていたGD3フィットにはGR-XⅡの前モデルであるGR-XIを履かしていました!

ECOPIA NH200 Cのオススメポイント

ECOPIA(エコピア)シリーズは低燃費タイヤブランドです。

 

NH200 Cはエコピアシリーズの中でも軽自動車・コンパクトカー専用設計したタイヤです。

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • 耐摩耗性が高く雨の日も安心
  • ロングライフ性能

レグノに比べれば定価は安くなりますが、Amazonにおいては価格の逆転現象が起きています。

ミズコ
Amazonの価格は変動するため都度確認が必要です
ECOPIAについて更に詳しくはこちら
「ECOPIA(エコピア)」シリーズは、ブリヂストン(BRIDGESTONE)が提供する低燃費タイヤブランドです。エコピアシリーズは、環境に配慮した技術と素材を用いており、燃費効率の向上、CO2排出量の削減、静粛性の向上などが特徴です。エコピアタイヤは乗用車からトラックまで幅広い車種に対応しています。

主要なエコピアタイヤには以下のようなものがあります。

  1. ECOPIA EP150/EP300(エコピア EP150/EP300): 乗用車向けのエコタイヤで、低燃費性能とウェットグリップ性能に優れています。静粛性も高く、快適なドライビングをサポートしています。
  2. ECOPIA H/L001(エコピア H/L001): SUVおよびクロスオーバー向けのエコタイヤで、燃費性能と静粛性が向上しており、快適な乗り心地を提供します。また、ウェット路面でのグリップ性能も高いです。
  3. ECOPIA R710(エコピア R710): 商用車やトラック向けの低燃費タイヤで、燃費効率と耐摩耗性に優れています。さらに、静粛性と安定性も向上しており、快適なドライビングをサポートしています。

これらのエコピアタイヤは、燃費効率を重視し、環境に配慮した選択を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、ブリヂストンの「Potenza(ポテンザ)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。

NEXTRY→NEWNOのオススメポイント

NEXTRY(ネクストリー)シリーズはBRIDGESTONEのスタンダードタイヤブランドでした。

2023年2月にNEXTRYシリーズはNEWNOシリーズへ変更になりました。

NEWNOはブリヂストンのスタンダードタイヤで幅広いタイヤサイズが用意されているタイヤです。

特筆する特徴

  • 幅広いタイヤサイズ対応
  • 低燃費性能

価格面では低価格なタイヤです。

NEXTRYについて更に詳しくはこちら
「NEXTRY(ネクストリー)」シリーズは、ブリヂストン(BRIDGESTONE)が提供するスタンダードタイヤブランドです。ネクストリーシリーズは、日常のドライビングに適したタイヤで、リーズナブルな価格帯でありながら、安全性、乗り心地、耐久性に優れています。これらのタイヤは、シティカーやファミリーカー向けに設計されており、一般的なドライバーに適しています。

ネクストリーシリーズの主な特徴は以下の通りです。

  1. 安全性: ウェット路面や乾燥路面でのグリップ性能が向上しており、安定した走行が可能です。また、ブレーキング性能も良好です。
  2. 乗り心地: 快適な乗り心地を追求しており、ショック吸収性や静粛性が向上しています。
  3. 耐久性: 高い耐摩耗性を備えており、長期間使用しても性能が維持されます。

ネクストリーシリーズは、コストパフォーマンスを重視し、安全性と快適性を求めるドライバーに適しています。ただし、ハイパフォーマンスやスポーツ走行を求める場合は、ブリヂストンの「Potenza(ポテンザ)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、燃費効率や環境に配慮したい場合は、「ECOPIA(エコピア)」シリーズを検討してください。

BRIDGESTONEの特色

BRIDGESTONEタイヤは昔は「永久ドーナツ」と呼ばれる技術がありました

タイヤの歪みなどが非常に少なく、完璧な真円を目指した技術です

現在は、「アルティメット・アイ」として、設計段階でシュミレーションして作った原物のタイヤを測定して再度設計に反映するというタイヤ解析を行っています!

ブリヂストンについて更に詳しくはこちら
ブリヂストン(BRIDGESTONE)は、日本のタイヤメーカーであり、1931年に創業者の石橋正二郎によって設立されました。本社は東京都中央区に位置しています。ブリヂストンは、世界最大のタイヤ及びゴム製品メーカーの1つであり、世界各国で製造・販売を行っています。

ブリヂストンは、乗用車、バイク、トラック・バス、建設・鉱業車両、航空機、自転車、ゴルフ用品などの幅広い製品ラインナップを持っています。また、同社はタイヤの性能向上や、環境に優しい技術開発にも力を入れており、低燃費タイヤやランフラットタイヤなどの革新的な製品を生み出しています。

ブリヂストンは、モータースポーツにも積極的に関与しています。特に、1997年から2010年にかけては、フォーミュラ1(F1)の公式タイヤサプライヤーを務め、数々のチームとドライバーがブリヂストンタイヤで優勝を果たしました。

また、ブリヂストンはタイヤ以外の事業も展開しており、ゴルフ用品や自転車部品、化学製品、建設材料なども扱っています。さらに、同社は環境保護活動や地域社会貢献活動にも取り組んでおり、サステイナビリティや企業社会責任(CSR)に重点を置いた経営を行っています。

総じて、ブリヂストンはその多様な製品展開と技術革新、モータースポーツへの関与、そして環境保護や社会貢献活動などで、世界的な影響力を持つタイヤメーカーとして知られています。

アルティメットアイについて更に詳しくはこちら
ブリヂストン(BRIDGESTONE)の「アルティメットアイ」(ULTIMAT EYE)は、タイヤの接地面圧分布を可視化する技術です。これにより、タイヤが路面にどのように接しているかを詳細に分析することができます。アルティメットアイ技術は、タイヤの性能向上や安全性の向上に役立ちます。

アルティメットアイ技術は、タイヤの接地面圧分布をリアルタイムで計測し、可視化することができる装置です。これにより、タイヤの接地面圧が均一に分布しているか、局所的な過大な圧力がないか、また走行中の変化などを把握することができます。この情報は、タイヤの性能や耐久性、安全性に関する研究開発に活用されています。

また、アルティメットアイ技術は、タイヤ開発の過程で使用されるだけでなく、一般のドライバーがタイヤの状態をチェックする際にも役立ちます。例えば、適切な空気圧でタイヤを使用しているかどうか、適切なサスペンションセッティングが施されているかなどを確認することができます。

アルティメットアイ技術は、ブリヂストンがタイヤの性能向上や安全性の追求において、独自の技術開発に取り組んでいることを示す例です。

ミシュランタイヤの185/55R16の夏タイヤ一覧

MICHELIN(ミシュラン)タイヤで185/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • ENERGY SAVER4

上記の1ブランドです。

MICHELINは1863年にミシュラン兄弟によって創業されたフランス企業です!

世界で始めてラジアルタイヤを発明した企業でもあります!

レストランやカフェなどを格付けしたミシュランガイドも有名です!

世界4大タイヤ会社の一角です!

ミシュランについて更に詳しくはこちら
ミシュラン(MICHELIN)は、1863年にエドゥアール・ミシュランとアンドレ・ミシュラン兄弟によって創業されたフランスのタイヤメーカーです。ミシュランは、世界中で知られているタイヤブランドであり、自動車、バイク、オフロード車両、航空機、建設機械など幅広い分野のタイヤを製造しています。

ミシュランは、1946年に世界初のラジアルタイヤを発明しました。ラジアルタイヤは、従来のバイアスタイヤに比べて、耐久性や燃費性能が向上し、運転安定性が高いという特徴があります。この画期的な発明により、ミシュランはタイヤ業界のリーダー的存在となり、現在も世界中で高い評価を受けています。

また、ミシュランは、レストランやカフェなどを格付けする「ミシュランガイド」でも有名です。ミシュランガイドは、1900年に創刊されました。当初は、フランス国内の自動車ドライバー向けの情報提供を目的としていましたが、徐々に料理の質やサービスなどを評価するレストランガイドとして発展しました。現在、ミシュランガイドは、世界各国で発行されており、最高評価の「ミシュラン三つ星」を獲得することは、シェフにとって最高の栄誉とされています。

ミシュランは、タイヤ業界だけでなく、飲食業界にも大きな影響を与える存在となっており、その多角的な事業展開が特徴的です。

185/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄1種類を比較で並べました。

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
ENERGY SAVER 4ENERGY SAVER 4スタンダードタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

ENERGY SAVER4のオススメポイント

ENERGYシリーズはミシュランの低燃費タイヤブランドです。

ENERGY SAVER4は同シリーズである、「ENERGY SAVER+」「ENERGY SAVER」の中でもセダン・ハッチバック・ワゴン・EV・ミニバン・軽自動車と様々なタイプに対応したサイズ展開をしています。

 

「雨の日の安心感と快適性を両立した低燃費タイヤ」という謳い文句です。

 

ENERGY SAVER4は転がり抵抗「A」ウェットグリップ「b」

同一銘柄でもサイズによって転がり抵抗性能とウェットグリップが異なります。

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • 比較的多めなサイズ展開

価格面では中間的な価格なタイヤです。

ENERGYシリーズについて更に詳しくはこちら
「Energy(エナジー)」シリーズは、ミシュラン(MICHELIN)が提供する低燃費タイヤブランドです。エナジーシリーズは、燃費効率の向上、CO2排出量の削減、ウェット性能の向上などが特徴です。また、ミシュランは長寿命と快適な乗り心地にも力を入れています。

主要なエナジーシリーズのタイヤには以下のようなものがあります。

  1. Energy Saver(エナジーセイバー): 乗用車向けの低燃費タイヤで、燃費性能とウェットグリップ性能に優れています。また、長寿命設計で、耐摩耗性も高いです。静粛性も高く、快適なドライビングをサポートしています。
  2. Energy Saver+(エナジーセイバープラス): エナジーセイバーの性能をさらに向上させたモデルで、ウェット性能や燃費性能がより高いレベルで実現されています。さらに、耐摩耗性も向上しており、タイヤ寿命が長くなっています。
  3. Energy XM2(エナジー XM2): コンパクトカーおよびファミリーカー向けの低燃費タイヤで、燃費性能とウェット性能に優れています。さらに、耐摩耗性が高く、静粛性も向上しており、快適なドライビングを提供しています。

これらのエナジーシリーズのタイヤは、燃費効率を重視し、環境に配慮した選択を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、ミシュランの「Pilot Sport(パイロットスポーツ)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、快適性を重視する場合は、「Primacy(プライマシー)」シリーズを検討してください。

ミシュランの特色

ミシュランタイヤは高性能ですが日本での流通が主なサイズは選べるシリーズが少なくなります!

ENERGY SAVER4はその中でも185/55R15で選べる貴重なタイヤになります!

 

横浜タイヤの185/55R16の夏タイヤの比較一覧

YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤで185/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

 

  • BluEarthーGT AE51
  • BluEarth AEー01F
  • ECOS ES31

上記の3ブランドです。

YOKOHAMAは1913年に神奈川県横浜市に創業した日本企業です!

日本国内シェアNo3企業です!

横浜タイヤについて更に詳しくはこちら
横浜タイヤ(Yokohama Tire)は、1917年に日本で設立されたタイヤメーカーで、本社は東京都港区に位置しています。横浜タイヤは、オフィス・工場・販売店などを世界中に展開しており、世界的に知られるタイヤブランドの一つです。横浜タイヤは、乗用車、トラック・バス、建設機械、農業機械などの幅広い分野のタイヤを製造しています。

横浜タイヤは、技術革新と環境に配慮した製品開発に力を入れており、オレンジオイルを使ったタイヤや低燃費タイヤなどの革新的な製品が特徴です。オレンジオイルを使用したタイヤは、天然ゴムの代わりにオレンジの皮から抽出されるオイルを使用しており、環境負荷の低減に貢献しています。

また、横浜タイヤはモータースポーツにも積極的に関与しており、世界中の多くのレースでタイヤサプライヤーとして活躍しています。特に、耐久レースやラリーなどのオフロード競技においては、同社のタイヤが高い評価を受けています。

横浜タイヤはまた、コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ(CSR)活動にも力を入れており、環境保護や地域社会貢献に取り組んでいます。例えば、ゴム樹の植林プロジェクトや廃タイヤのリサイクル活動など、環境にやさしい取り組みを推進しています。

総じて、横浜タイヤはその技術革新、環境に配慮した製品開発、モータースポーツへの関与、そしてCSR活動などで、世界的なタイヤメーカーとして知られています。

185/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄3種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
BluEarth-GT AE51

BluEarth-GT AE51

グランドツーリングタイヤ
BluEarth AE-01F

BluEarth AE-01F

AAA少燃費タイヤ
ECOS ES31

ECOS ES31

スタンダードタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

BluEarthシリーズのオススメポイント

BluEarthシリーズは、ヨコハマタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤのシリーズになります。

BluEarthシリーズの中でも様々なタイプが有ります。

特に「GT」は驚異の転がり抵抗「A」ウェット性能「a」を獲得しています。

ヨコハマタイヤ全体で「雨に強い」を売りにしています。

 

AE-01Fは雨性能ではなく低燃費性能に振ってあり、転がり抵抗「AAA」ウェットグリップ「c」と超低燃費性能寄りになっています。

 

特筆する特徴

  • 雨に強い
  • ウェット性能と燃費性能の両立

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

BluEarth(ブルーアース)シリーズについて更に詳しくはこちら
「BluEarth(ブルーアース)」シリーズは、ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)が提供する低燃費タイヤのシリーズです。ブルーアースシリーズは、環境に配慮した技術や素材を使用しており、燃費効率の向上、CO2排出量の削減、ウェットグリップ性能の向上などが特徴です。また、乗り心地や耐摩耗性にも力を入れています。

主要なブルーアースシリーズのタイヤには以下のようなものがあります。

  1. BluEarth-A AE50(ブルーアース-A AE50): 乗用車向けの低燃費タイヤで、ウェットグリップ性能や燃費性能に優れています。さらに、静粛性や乗り心地も高く、快適なドライビングをサポートしています。
  2. BluEarth-GT AE51(ブルーアース-GT AE51): グランドツーリングカー向けの低燃費タイヤで、高速安定性、ウェット性能、燃費性能が向上しています。また、静粛性や乗り心地も良好で、長距離ドライビングに適しています。
  3. BluEarth RV-02(ブルーアース RV-02): 軽自動車やミニバン向けの低燃費タイヤで、燃費性能とウェット性能に優れています。また、静粛性や耐摩耗性も高く、快適なドライビングを提供しています。

これらのブルーアースシリーズのタイヤは、燃費効率を重視し、環境に配慮した選択を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、ヨコハマタイヤの「ADVAN(アドバン)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、快適性を重視する場合は、「GEOLANDAR(ジオランダー)」シリーズを検討してください。

YOKOHAMAタイヤの特色

ヨコハマタイヤは「雨に強い」が特徴のタイヤになります!

会社全体で雨に対する性能の向上を行っており2022年6月時点でウェット性能「a」を380サイズ以上で獲得しています!

 

ダンロップタイヤの185/55R16の夏タイヤ一覧

DUNLOP(ダンロップ)タイヤで185/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • LEMANS V
  • エナセーブ EC204

上記の2ブランドです。

 

DUNLOPは1909年にイタリアのタイヤメーカ・ダンロップの日本法人として設立された日本企業です!

初の国産の自動車用タイヤ製造、初の国産ラジアルタイヤ製造など歴史のある企業です!

日本国内シェアはNo2の企業です!

ダンロップタイヤについて更に詳しくはこちら
ダンロップタイヤ(Dunlop Tires)は、イギリスで創立されたタイヤメーカーで、現在は日本の住友ゴム工業株式会社が親会社となっています。ダンロップの歴史は、1888年に創業者のジョン・ボイド・ダンロップが、自転車用空気入りタイヤを発明したことに始まります。その後、自動車用タイヤを開発し、世界中で幅広く展開されるようになりました。

ダンロップタイヤは、乗用車、バイク、トラック・バス、建設・鉱業車両、航空機、自転車などの多様な分野でタイヤを製造しています。同社は、技術革新や性能向上に重点を置いており、ウェットグリップ性能や乗り心地などの点で優れたタイヤを生み出しています。

モータースポーツにおいても、ダンロップタイヤは長い歴史を持っています。同社は、F1やル・マン24時間レース、ツーリングカー選手権など、多くのレースでタイヤサプライヤーとして活躍してきました。また、耐久性やグリップ性能が求められるラリー競技やオートバイロードレースでも、ダンロップタイヤが使用されています。

ダンロップタイヤは、企業社会責任(CSR)活動にも取り組んでおり、環境保護や地域社会貢献に焦点を当てた活動を行っています。環境面では、省資源・省エネルギーの取り組みや、エコカーへのタイヤ供給などで環境負荷の低減に努めています。

総じて、ダンロップタイヤは、技術革新、性能向上、モータースポーツへの関与、そしてCSR活動などで、世界的なタイヤメーカーとして知られています。

185/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄2種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
LE MANS VLE MANS VAAコンフォートタイヤ
エナセーブ EC204エナセーブ EC204AA少燃費タイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

LE MANS Vのオススメポイント

LE MANS V(ルマンファイブ)は、ダンロップタイヤのラインナップの中ではコンフォートタイヤになります。

低燃費と静粛性を両立したタイヤで転がり抵抗「AA」を獲得しています。

同時にウェットグリップ「b」を達成しています。

他社のコンフォートタイヤはタイヤ内部に吸音素材や吸音構造を採用していますが、こちらはタイヤ内側に吸音スポンジを貼り付けています。

自分でパンク修理をされる方は注意が必要です。
※ごく少数でしょうが。

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • 静粛性
  • ロングライフ

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

LE MANS V(ルマンファイブ)について更に詳しくはこちら
「LE MANS V(ルマンファイブ)」は、ダンロップ(DUNLOP)が提供するコンフォートタイヤです。ルマンファイブは、快適性、静粛性、安定性を重視した設計で、シティカーやファミリーカーに適しています。このタイヤは、日常のドライビングにおいて快適な乗り心地を追求しています。

ルマンファイブの主な特徴は以下の通りです。

  1. 快適性: ショック吸収性が高く、路面からの振動や騒音を抑えることで、快適な乗り心地を提供します。
  2. 静粛性: タイヤのパターンデザインや素材を工夫することで、騒音を低減し、静かなドライビングを実現します。
  3. 安定性: ウェット路面や乾燥路面でのグリップ性能が向上しており、安定した走行が可能です。また、ブレーキング性能も良好です。
  4. 耐久性: 高い耐摩耗性を備えており、長期間使用しても性能が維持されます。

ルマンファイブは、快適性と静粛性を重視し、安全性を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、ダンロップの「Direzza(ディレッツァ)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、燃費効率や環境に配慮したい場合は、「ENASAVE(エナセーブ)」シリーズを検討してください。

エナセーブシリーズのオススメポイント

エナセーブシリーズは、ダンロップタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤになります。

「EC204」は転がり抵抗「AA」を獲得。ウェットグリップは「c」になっています。

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • ロングライフ

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

エナセーブシリーズについて更に詳しくはこちら
「ENASAVE(エナセーブ)」シリーズは、ダンロップ(DUNLOP)が提供する低燃費タイヤのシリーズです。エナセーブシリーズは、燃費効率の向上、CO2排出量の削減、ウェットグリップ性能の向上などが特徴です。また、乗り心地や耐摩耗性にも力を入れています。

主要なエナセーブシリーズのタイヤには以下のようなものがあります。

  1. ENASAVE EC203(エナセーブ EC203): 乗用車向けの低燃費タイヤで、燃費性能とウェットグリップ性能に優れています。さらに、耐摩耗性も高く、静粛性も良好で、快適なドライビングをサポートしています。
  2. ENASAVE EC300+(エナセーブ EC300+): エナセーブシリーズの性能をさらに向上させたモデルで、ウェット性能や燃費性能がより高いレベルで実現されています。さらに、耐摩耗性も向上しており、タイヤ寿命が長くなっています。
  3. ENASAVE 01 A/S(エナセーブ 01 A/S): オールシーズン向けの低燃費タイヤで、燃費性能とウェット性能に優れています。また、雪や氷の上でも安定した走行性能を発揮します。耐摩耗性も高く、静粛性や乗り心地も良好です。

これらのエナセーブシリーズのタイヤは、燃費効率を重視し、環境に配慮した選択を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、ダンロップの「Direzza(ディレッツァ)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、快適性を重視する場合は、「LE MANS(ルマン)」シリーズを検討してください。

ダンロップタイヤの特色

ダンロップタイヤは「経済性」が特徴のタイヤになります!

今回の185/55R16ではすべてのタイヤで転がり抵抗「AA」を獲得しており、タイヤそのものの寿命も伸ばしており、経済性に優れるタイヤです!

 

TOYOタイヤの185/55R16の夏タイヤ一覧

TOYO(トーヨー)タイヤで185/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • NANOENEGRY3PLUS

上記の1ブランドです。

TOYOは1904年創業の日本企業です!

2008年より国内No1企業であるBRIDGESTONEと資本・業務提携を行っています!

国内シェアはNo4の企業です!

トーヨータイヤについて更に詳しくはこちら
トーヨータイヤ(Toyo Tire Corporation)は、1945年に日本で設立されたタイヤメーカーで、本社は兵庫県にあります。トーヨータイヤは、世界中でタイヤを製造・販売しており、乗用車、トラック・バス、建設・鉱業車両、農業機械、オフロード車両などの多様な分野でタイヤを提供しています。

同社は、技術革新に重点を置き、特に静粛性や燃費性能に優れたタイヤの開発に力を入れています。また、独自のタイヤ構造「ナノバランステクノロジー」を採用し、グリップ性能や耐久性の向上に成功しています。

トーヨータイヤは、モータースポーツにも積極的に取り組んでおり、特にオフロードレースやドリフト競技において高い評価を受けています。また、同社は、スポーツカーや高性能車向けのタイヤを製造することで、運転の楽しさや安全性を追求しています。

企業社会責任(CSR)活動においても、トーヨータイヤは環境保護や地域社会貢献に力を入れています。環境面では、リサイクル可能な資源を活用したタイヤの開発や、低燃費タイヤの普及を通じて、環境負荷の低減に努めています。また、地域社会貢献活動として、スポーツ支援や被災地支援など、さまざまな取り組みを行っています。

総じて、トーヨータイヤは、技術革新、モータースポーツへの関与、環境に配慮した製品開発、そしてCSR活動を通じて、世界的なタイヤメーカーとして知られています。

185/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄1種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
NANOENERGY 3PLUSNANOENERGY 3PLUSb低燃費タイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

NANOENEGY3PLUSのオススメポイント

NANOENEGY3PLUS(なのえなじーすりーぷらす)は、TOYOタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤになります。

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「b」と低価格ですが高性能なタイヤです。

 

高コスパなタイヤです。

 

特筆する特徴

  • 低燃費
  • トータルバランスの良さ

価格面では低価格なタイヤです。

NANOENERGY3 PLUSについて更に詳しくはこちら
「NANOENERGY3 PLUS(ナノエナジー3プラス)」は、TOYOタイヤ(トーヨータイヤ)が提供する低燃費タイヤです。ナノエナジー3プラスは、燃費効率の向上、CO2排出量の削減、ウェットグリップ性能の向上などが特徴です。また、乗り心地や耐摩耗性にも力を入れています。

主な特徴は以下の通りです。

  1. 低燃費性能: ナノエナジー3プラスは、特殊なゴム成分や構造により、抵抗を減らし、燃費効率を向上させます。
  2. ウェットグリップ性能: タイヤの接地面積を最適化することで、ウェット路面でのグリップ性能が向上しています。これにより、雨天時の安全性が高まります。
  3. 静粛性: タイヤのパターンデザインや素材を工夫することで、騒音を低減し、静かなドライビングを実現します。
  4. 耐摩耗性: 高い耐摩耗性を備えており、長期間使用しても性能が維持されます。

ナノエナジー3プラスは、燃費効率を重視し、環境に配慮した選択を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、TOYOタイヤの「PROXES(プロクセス)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、快適性を重視する場合は、「TRANPATH(トランパス)」シリーズを検討してください。

TOYOタイヤの特色

TOYOタイヤは「初期費用の安さ」が特徴のタイヤになります!

このサイズでは選択肢は少ないですが、価格面で非常にリーズナブルです!

 

グッドイヤータイヤの185/55R16の夏タイヤ一覧

GOOD YEAR(グッドイヤー)タイヤで185/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • EfficientGrip Comfort
  • EfficientGrip ECO EG02
  • EfficientGrip RVFO02

上記の3ブランドです。

GOOD YEARは1898年創業のアメリカ企業です!

日本のBRIDGESTONE・フランスのMICHELIN・ドイツのKONTINENTARU・アメリカのGOOD YEARの世界最大のタイヤ会社の一角です!

グッドイヤーについて更に詳しくはこちら
グッドイヤー(Goodyear Tire & Rubber Company)は、1898年にアメリカのオハイオ州アクロンでフランク・セイバリングによって設立されたタイヤメーカーです。現在は世界各地に製造拠点を持ち、乗用車、トラック・バス、建設・鉱業車両、航空機、農業機械など幅広い分野でタイヤを提供しています。

グッドイヤーは、革新的な技術や製品開発を通じて、タイヤ業界でのリーダーシップを維持しています。例えば、同社は「アクアトレッド」タイヤを開発し、ウェットグリップ性能を向上させました。また、ランフラットタイヤや低燃費タイヤなど、さまざまな特性を持つタイヤを開発しています。

モータースポーツにおいても、グッドイヤーは非常に成功しています。同社は、F1、NASCAR、ル・マン24時間レースなど、数多くのレースでタイヤサプライヤーとして活躍しており、数々の勝利とタイトルを獲得しています。

企業社会責任(CSR)活動においては、環境保護や地域社会貢献を重視しています。環境面では、燃費性能や廃棄物処理において環境負荷の低減に努めています。地域社会貢献活動としては、教育や健康、交通安全などをサポートしています。

総じて、グッドイヤーは、技術革新、モータースポーツへの貢献、環境に配慮した製品開発、そしてCSR活動を通じて、世界的なタイヤメーカーとして認知されています。

185/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄3種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
EfficientGrip ComfortEfficientGrip ComfortAAドライビングコンフォートタイヤ
EfficientGrip ECO EG02EfficientGrip ECO EG02AAスタンダードエコタイヤ
EfficientGrip RVF02EfficientGrip RVF02AAミニバン専用タイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

EfficientGrip Comfortのオススメポイント

EfficientGrip Comfort(エシシェントグリップコンフォート)は、GOOD YEARタイヤのラインナップの中ではコンフォートタイヤになります。

「高い静粛性とシャープなハンドリングを高次元でバランス・エレガントな乗り心地と走る喜びを叶えるコンフォートタイヤ」という謳い文句で操舵性も追求しています。

コンフォートタイヤとしては珍しい転がり抵抗「AA」ウェットグリップ「b」を達成しています。

 

何らかの性能をとがらせることなくトータルで高性能なのが特徴です。

 

特筆する特徴

  • トータルバランス
  • 操舵性
  • 低燃費性能

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

EfficientGrip Comfortについて詳しくはこちら
「EfficientGrip Comfort(エフィシェントグリップ コンフォート)」は、グッドイヤー(GOOD YEAR)が提供するコンフォートタイヤです。エフィシェントグリップ コンフォートは、快適性、静粛性、安定性を重視した設計で、シティカーやファミリーカーに適しています。このタイヤは、日常のドライビングにおいて快適な乗り心地を追求しています。

エフィシェントグリップ コンフォートの主な特徴は以下の通りです。

  1. 快適性: ショック吸収性が高く、路面からの振動や騒音を抑えることで、快適な乗り心地を提供します。
  2. 静粛性: タイヤのパターンデザインや素材を工夫することで、騒音を低減し、静かなドライビングを実現します。
  3. 安定性: ウェット路面や乾燥路面でのグリップ性能が向上しており、安定した走行が可能です。また、ブレーキング性能も良好です。
  4. 耐久性: 高い耐摩耗性を備えており、長期間使用しても性能が維持されます。

エフィシェントグリップ コンフォートは、快適性と静粛性を重視し、安全性を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、グッドイヤーの「Eagle(イーグル)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、燃費効率や環境に配慮したい場合は、「EfficientGrip(エフィシェントグリップ)」シリーズを検討してください。

EfficientGrip ECO EG02のオススメポイント

EfficientGrip ECO EG02(エシシェントグリップエコイージーゼロツー)は、GOOD YEARタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤになります。

 

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「c」です。

 

特筆する特徴

  • トータルバランス
  • ロングライフ

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

EfficientGrip ECO EG02について詳しくはこちら
「EfficientGrip ECO EG02(エフィシェントグリップ エコ EG02)」は、グッドイヤー(GOOD YEAR)が提供する低燃費タイヤです。エフィシェントグリップ エコ EG02は、燃費効率の向上、CO2排出量の削減、ウェットグリップ性能の向上などが特徴です。また、乗り心地や耐摩耗性にも力を入れています。

エフィシェントグリップ エコ EG02の主な特徴は以下の通りです。

  1. 低燃費性能: タイヤの構造や特殊なゴム成分を使用することで、抵抗を減らし、燃費効率を向上させます。
  2. ウェットグリップ性能: タイヤの接地面積を最適化し、ウェット路面でのグリップ性能が向上しています。これにより、雨天時の安全性が高まります。
  3. 静粛性: タイヤのパターンデザインや素材を工夫することで、騒音を低減し、静かなドライビングを実現します。
  4. 耐摩耗性: 高い耐摩耗性を備えており、長期間使用しても性能が維持されます。

エフィシェントグリップ エコ EG02は、燃費効率を重視し、環境に配慮した選択を求めるドライバーに適しています。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、グッドイヤーの「Eagle(イーグル)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、快適性を重視する場合は、「EfficientGrip Comfort(エフィシェントグリップ コンフォート)」シリーズを検討してください。

EfficientGrip EVF02のオススメポイント

EfficientGrip RVF02(エシシェントグリップアールブイエフゼロツー)は、GOOD YEARタイヤのラインナップの中ではミニバン用タイヤになります。

 

ミニバン専用の設計となっているのでハイトワゴン系の軽自動車も対応しています。

ミニバン・RVタイヤとしては珍しい転がり抵抗「AA」ウェットグリップ「c」を達成しています。

 

何らかの性能をとがらせることなくトータルで高性能なのが特徴です。

 

特筆する特徴

  • トータルバランス
  • 静粛性
  • 低燃費性能

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

EfficientGrip RVF02について詳しくはこちら
「EfficientGrip RVF02(エフィシェントグリップ アールブイエフ ゼロツー)」は、グッドイヤー(GOOD YEAR)が提供するミニバン用タイヤです。ミニバンやSUVに特化した設計で、安定性、快適性、燃費効率を重視しています。ミニバンの特性を考慮し、荷重や乗員数に対応した性能を発揮することが特徴です。

エフィシェントグリップ RVF02の主な特徴は以下の通りです。

  1. 安定性: ミニバンやSUVの高重心に対応した設計で、コーナリング時の安定性を向上させます。また、ウェット路面や乾燥路面でのグリップ性能が良好です。
  2. 快適性: ショック吸収性が高く、路面からの振動や騒音を抑えることで、快適な乗り心地を提供します。
  3. 低燃費性能: タイヤの構造や特殊なゴム成分を使用することで、抵抗を減らし、燃費効率を向上させます。
  4. 耐摩耗性: 高い耐摩耗性を備えており、長期間使用しても性能が維持されます。

エフィシェントグリップ RVF02は、ミニバンやSUVのドライバーに適しています。燃費効率を重視し、安定性と快適性を求める場合は、このタイヤがお勧めです。ただし、高い運動性能やスポーツ走行を求める場合は、グッドイヤーの「Eagle(イーグル)」シリーズのようなハイパフォーマンスタイヤを検討することをお勧めします。また、コンフォートタイヤを重視する場合は、「EfficientGrip Comfort(エフィシェントグリップ コンフォート)」シリーズを検討してください。

 

GOOD YEARタイヤは「トータルバランス」が特徴のタイヤになります!

185/55R16サイズで3種類から選べる点で扁平タイヤに力を入れていると感じます!

 

タイヤ選びで考慮すること

ラベリング制度

タイヤは客観的に得られる情報が少ないので選ぶのが非常に難しいのが現状です。

その中でも、客観的に性能を判断するために設定されたのがラベリング制度です。

転がり抵抗ランクが「A」以上かつウェットグリップ性能が「d」以上な物が「低燃費タイヤ」に該当します。

低燃費タイヤには上の「低燃費タイヤ」専用マークの入ったラベルが貼られます。

一般社団法人日本自動車タイヤ協会が設定しており、国内に流通しているタイヤメーカー14社がラベリング制度に参加しています。

ラベリング制度について更に詳しくはこちら
参加メーカー

一般社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)が設定しているラベリング制度に参加している国内タイヤメーカーの具体的な数は変動する可能性がありますが、主な参加タイヤメーカーは以下の通りです。

  1. ブリヂストン(BRIDGESTONE)
  2. ヨコハマゴム(YOKOHAMA)
  3. 住友ゴム工業(DUNLOP)
  4. 東洋ゴム工業(TOYO TIRES)
  5. 三菱ゴム(FALKEN)
  6. グッドイヤー(GOOD YEAR)
  7. ミシュラン(MICHELIN)
  8. コンチネンタル(CONTINENTAL)
  9. ピレリ(PIRELLI)
  10. クムホ(KUMHO)
  11. ハンコック(HANKOOK)
  12. ネクセン(NEXEN)
  13. グリーンマックス(LINGLONG)
  14. アポロ(APOLLO)

上記は、一例として挙げた主なタイヤメーカーです。参加メーカーは変更される可能性がありますので、最新の情報については、一般社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)の公式ウェブサイトなどで確認してください。

ラベリング表示

日本のタイヤラベリング制度は、消費者がタイヤの性能を客観的に比較しやすくすることを目的としています。日本では、次の2つの性能指標がラベルに表示されています。

  1. 燃費性能(ローリング抵抗): タイヤの燃費性能は、ローリング抵抗によって評価されます。ローリング抵抗が小さいほど、車が走行する際のエネルギーロスが少なくなり、燃費性能が向上します。燃費性能は、AAA(最高)からC(最低)までの5段階で表示されます。
  2. ウェットグリップ性能: ウェットグリップ性能は、タイヤがウェット路面でのブレーキ性能をどれだけ発揮できるかを示します。ウェットグリップ性能が高いほど、雨天時の安全性が向上します。ウェットグリップ性能は、A(最高)からC(最低)までの5段階で表示されます。

これらのラベリング制度によって、消費者はタイヤの性能を客観的に比較し、自分のニーズに合ったタイヤを選ぶことが容易になります。ただし、これらの指標はあくまで基準であり、実際の運転状況やタイヤの取り付け状況によって、性能が変わる場合があります。そのため、タイヤ選びの際は、自分のドライビングスタイルや車種、路面状況なども考慮することが重要です。

転がり抵抗係数

AAAが最上でCが一番下のランクです。

Cの基準以下のものにはラベルがつきません。

転がり抵抗係数(RRC)等級
6.5以下AAA
6.6〜7.7AA
7.8〜9.0
9.1〜10.5
10.6〜12.0

転がり抵抗12.0を超えるとラベリングの対象外となります。

転がり(ローリング)抵抗について更に詳しくはこちら
燃費性能(ローリング抵抗)は、タイヤの性能を評価するための重要な指標のひとつで、タイヤの抵抗が車両の燃費に与える影響を示します。ローリング抵抗が小さいほど、車が走行する際のエネルギーロスが少なくなり、燃費性能が向上します。この燃費性能は、タイヤラベリング制度において客観的に評価され、表示されています。

ローリング抵抗の評価は、タイヤが回転する際に発生する抵抗力を測定する試験によって行われます。試験は、タイヤを特定の条件下で回転させ、抵抗力を計測することで、ローリング抵抗の大小を判断します。試験結果に基づいて、タイヤは燃費性能のグレードに分類されます。

日本のタイヤラベリング制度では、燃費性能はAAA(最高)からC(最低)までの5段階で表示されます。AAAグレードのタイヤは、ローリング抵抗が非常に小さく、燃費性能が高いとされています。一方、Cグレードのタイヤは、ローリング抵抗が大きく、燃費性能が低いことを示します。

燃費性能を比較する際は、同じタイヤサイズと条件下での試験結果に基づいて評価されていることに注意してください。また、実際の運転状況やタイヤの取り付け状況によって、性能が変わる場合があります。そのため、タイヤ選びの際は、自分のドライビングスタイルや車種、路面状況なども考慮することが重要です。

ウェットグリップ性能

aが最上でdが一番下のランクです。

dの基準以下のものにはラベルがつきません。

ウェットグリップ(G)等級
155以上
140〜154
125〜139
110〜124

ウェットグリップ110を下回るとラベリングの対象外となります。

ウェットグリップ性能についてさらに詳しくはこちら
ウェットグリップ性能は、タイヤの濡れた路面での性能を評価する重要な指標です。ウェットグリップ性能が高いほど、雨天時やウェット路面でのブレーキ性能が向上し、車両の安全性が高まります。ウェットグリップ性能は、ラベリング制度の一環として表示され、消費者がタイヤの性能を客観的に比較できるようになっています。

ウェットグリップ性能の評価は、制動距離や制動力を測定する試験によって行われます。試験は、一定の速度からウェット路面でブレーキをかけ、停止するまでの距離や時間を計測します。試験結果に基づいて、タイヤはウェットグリップ性能のグレードに分類されます。

日本のタイヤラベリング制度では、ウェットグリップ性能はA(最高)からC(最低)までの5段階で表示されます。Aグレードのタイヤは、優れたウェットグリップ性能を持っており、雨天時の安全性が高いとされています。一方、Cグレードのタイヤは、ウェットグリップ性能が低く、濡れた路面での制動性能が劣ることが示唆されます。

ウェットグリップ性能を比較する際は、同じタイヤサイズと条件下での試験結果に基づいて評価されていることに注意してください。また、実際の運転状況やタイヤの取り付け状況によって、性能が変わる場合があります。そのため、タイヤ選びの際は、自分のドライビングスタイルや車種、路面状況なども考慮することが重要です。

ラベリング制度から読み取れる事

ラベリング制度から読み取れること

  • 低燃費性能
  • ウェットグリップ性能

これらが読み取れます。

 

ラベリング制度から読み取れない事

  • 乗り心地
  • 静粛性
  • ふらつき制御性能

感覚に由来するような部分は読み取れません。

ヨーロッパのラベリング制度では「低燃費性能」「ウェットグリップ」「静粛性」の3つの基準がありますが、日本のラベリング制度では「転がり抵抗」と「ウェットグリップ」しか基準がありません。

メーカーの謳い文句の部分は要注意

このように、ラベリング制度で判定される部分は共通の基準を持っています。

しかし、感覚に由来するようなふらつき制御や乗り心地の部分は好みの問題もあり、一概には判断できません。

 

メーカー公式の動画もこの記事内に貼り付けていますが、タイヤメーカを跨いだ検証というのはありません。

完全一致の条件(気温、路面温度、日射等)での比較が出来ないため、検証出来ないのですね。

 

また動画内のジャーナリストも当然、メーカの依頼で話しているのでマイナスのことは話しません。

 

なので、私の経験値とラベリングの判定と価格から勝手に私がこんな人にはこのタイヤがオススメというのをまとめます。

ミズコ

独断と偏見が入ります!

客観的に判断可能なラベリングの部分は平等に判断します!

 

走行中うるさいのが気になる人はこのタイヤがオススメ

コンパクトカーは排気量が小さくエンジン回転数も高くなります。

また、車体の吸音材も少ないことが多いため、騒音も発生しやすくなります。

 

そのため、静粛性能が高いタイヤは快適性の向上に最適です

 

こんな人にオススメ

  • 高速道路を多用する
  • 比較的ペースの早い一般道を走ることが多い
  • 車内の会話が聞き取りにくいことがある

このような方にコンフォートタイヤはオススメです。

価格面では高額な傾向にあります。

 

ミズコ厳選の静粛性タイヤ3銘柄

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップ
GR-XⅡGR-XⅡ
LE MANS VLE MANS VAA
ENERGY SAVER 4ENERGY SAVER 4

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

静粛性が良いオススメタイヤはこの3本です。

さらにこの3本でそれぞれちょっと特徴が違います

  • 静粛性・快適性最優先ならば REGNO GR-XⅡ
    (転がり抵抗Aウェットグリップb)
  • やや燃費性能寄りならば LE MANS V
    (転がり抵抗AAウェットグリップb)
  • トータルバランスが欲しければ ENERGY SAVER4
    (転がり抵抗Aウェットグリップb)
こんな基準で選べば大丈夫です。

ふらつくのが気になる人はこのタイヤがオススメ

コンパクトカーは車体が小さく、小さい面積で体積を出そうとするとやや背が高くなりやすいです。

背が高いと、ふらつきも発生しやすくなります。

 

こんな人にオススメ

  • 運転すると強い疲労感がある
  • ハンドルを強く握っていないと怖い
  • 高速道路で横風が気になる

特に背の高いタイプのクルマはふらつきが発生しやすいためふらつき制御機能も重要な要素になります。

 

ミズコ厳選のふらつき制御タイヤ3銘柄

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップ
ENERGY SAVER 4ENERGY SAVER 4
GR-XⅡGR-XⅡ
BluEarth-GT AE51BluEarth-GT AE51

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

それぞれの優先度は

  • 特に尖った性能ではなくトータル高性能ならばENERGY SAVER4
    (転がり抵抗A ウェットグリップb)
  • 低静粛性・乗り心地を優先するならばGR-XⅡ
    (転がり抵抗A ウェットグリップb)
  • 雨でもグリップを優先ならBluEarth
    (転がり抵抗A ウェットグリップa)

こんな基準で選んでもらえば大丈夫です。

安全性が気になる人はこのタイヤがオススメ

乗り心地や静粛性よりも安全性が気になる人も多いと思います。

ウェットグリップ性能が低いと雨の日にいざという時にブレーキを踏んだ時にスリップしやすく制動距離が長くなります。

 

こんな人にオススメ

  • 通勤で雨の日にも必ず乗る
  • 雨が多い地域に住んでいる
  • いざという時に最短距離で止まってほしい

 

ミズコ厳選の雨に強いタイヤ3銘柄

ウェットグリップ性能が「a」のタイヤはYOKOHAMAタイヤのみでした。

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップ
BluEarth-GT AE51BluEarth-GT AE51
ENERGY SAVER 4ENERGY SAVER 4
LE MANS VLE MANS VAA

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

ウェットグリップ「b」はその他にも多数ありますが、雨に強いを売りにしており、かつ価格とのバランスが良いものを2位・3位としました。

それぞれの優先度は

  • ウェットグリップ「a」取得はこのサイズではBluEarthのみ
  • 静粛性・ウェットグリップ等のトータルバランスと価格が良いENERGY SAVER4
  • 転がり抵抗「AA」かつウェットグリップ「b」で価格も安いのがLE MANS V

ウェットグリップ「a」は185/55R16ではヨコハマタイヤ一強です!

 

とにかく安く替えたい人はこのタイヤがオススメ

タイヤはクルマのメンテナンスでは高額になりがちです。

安全性を酷く犠牲にせず、価格面を重視する人用のランキング付けしました。

こんな人にオススメ

  • 単身赴任期間などで残りの乗る期間が短い
  • 家族構成の変化などで乗り換えが数年後
  • 大きな出費が控えているのでお金を貯めておきたい

 

ミズコ厳選の高コスパタイヤ3銘柄

とにかくコスパが良いタイヤをで3銘柄選びました。

低価格で転がり抵抗係数が高い方を上位としました。

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップ
BluEarth AE-01FBluEarth AE-01FAAA
LE MANS VLE MANS VAA
NANOENERGY 3PLUSNANOENERGY 3PLUS

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

それぞれの優先度は

  • かなり距離を乗るのならばBluEarth
    (転がり抵抗「AAA」ウェットグリップ「c」
  • ある程度の距離を乗りウェット性能も欲しいならばLE MANS V
    (転がり抵抗「AA」ウェットグリップ「b」
  • 価格が安く低燃費タイヤが欲しいならばNANOENEGY3PLUS
    (転がり抵抗「A」ウェットグリップ「b」

 

ネット価格とディーラ価格の見積もり差額計算

当ブログオススメのタイヤ交換の費用を下げるテクニック

185/55R16のタイヤで最高値タイヤはREGNO GR-XⅡです。

このREGNOを購入した場合で試算してみましょう!

 

当ブログではタイヤはネット通販をオススメしています。

関連記事

ミズコ国家2級自動車整備士のミズコです!タイヤ交換を勧められたけどどこで買うのが正解!?こんな方向けの記事です!タイヤはどこで買うのかで大違い!「結論・通販が圧倒的に安い」維持費の[…]

 

タイヤはネット通販には2パターンあり。

  1. タイヤをネットで購入して自宅に届き、取付店に持ち込む。
  2. タイヤをネット購入して取付店に直送され、予約日時に取付店に行って取り付けてもらう。

1の場合はAmazonなどで最安値でタイヤを購入できる代わりに自分でタイヤ取付店を探す手間があります。

2の場合タイヤ通販サイト経由で購入+取り付け予約をして手間が少ない代わりに1の場合より若干高額になります。

 

Amazonでタイヤを購入した上で、この記事下にあるタイヤフッド経由で取り付け予約をすれば最安値になります!

タイヤ通販サイト、「タイヤフッド」では
・タイヤ交換+取り付け予約
・タイヤ取り付けのみ予約

の2パターンが出来ます。

「タイヤ取り付けのみ予約」←こっちを使います

自分で取付店にタイヤを持っていく手間はかかりますが、最安でタイヤ交換が可能です。

ディーラ交換の場合とネット通販の差額を検証してみましょう。

ディーラでREGNOを交換した場合

タイヤ価格(定価)29260円×4本=117040円
取り付け工賃(概算)処分バランス等コミコミ10000円
総額総額 127040円

 

タイヤ価格は定価、工賃は全国一律では無いですが、おおよそ10000円前後です。

 

総額は127040円となりました。

Amazonとタイヤフットを併用でREGNOに替えた場合

タイヤ価格(Amazon価格)14970円×4本=59880円
取り付け工賃(タイヤフッド全国一律価格)処分バランス等コミコミ13200円
総額総額 73080円

 

タイヤ価格はアマゾン価格で、工賃は全国一律で、13200円(16インチ以下)です。

 

総額は73080円となりました。

差額は53960円!やはりタイヤは通販を利用しよう!

REGNOで試算すると差額は53960円でした!

 

けっこう違うと思いませんか?

 

「タイヤのランクを下げて価格を下げる」

 

これなら簡単なんですが、より安全でより快適なタイヤを安く買えた方が嬉しいと思うんです。

 

差額で浮いたお金で何をしましょうか?

楽しみですね!

ミズコ

他にもクルマの維持費を安く・安全に乗るための情報を発信しています。

宜しければその他の記事も見てもらうとミズコが喜びます!

タイヤ通販&取り付け予約サイト!

タイヤフット!

  • 別で手配して用意した、タイヤの取り付けのみ予約
  • タイヤフットで購入してそのまま取り付け予約

どちらのパターンにも活用可能です!

特に取り付け予約のみ可能なのは最高に便利です!

 

取り付けのみ予約の場合

  • 全国(4500店舗以上)一律料金
  • ネット上の事前決済で店頭支払いゼロ
  • ネット上の予約完結
  • すべてコミコミの安心価格

コミコミに含まれるのは

  • タイヤを車体から脱着料金
  • タイヤとホイールの組み換え料金
  • バランス調整料金
  • ゴムバルブ交換料金
  • 廃タイヤ・廃ホイール処分料金

処分料金が入っている点ときっちりゴムバルブも替えてくれる点が丸です!



上のリンクからアクセス出来ます!

最新情報をチェックしよう!