【6社51銘柄】205/55R16サイズの夏タイヤを徹底比較【用途別オススメ】

国家2級自動車整備士のミズコが

タイヤサイズ205/55R16

・取り扱いメーカー
・取り扱いブランド
・価格
・性能ランク
・用途別オススメ

これらを検討します!

必要な項目には目次から飛べます!

タイヤ購入のご参考にどうぞ!

 

205/55R16を純正装着している車種

主な純正装着している車種

 

  • トヨタ・プリウス
  • トヨタ・カローラ
  • ホンダ・シビック
  • マツダ・アクセラ
  • スバル・レガシィ
  • トヨタ・ウィッシュ
  • トヨタ・カムリ
  • トヨタ・ノア
  • ホンダ・アコード
  • マツダ・アテンザ
  • スバル・インプレッサ
  • スズキ・スイフト
  • 三菱・ランサーセディア

これらの車種が該当します。

205/55R16装着の車種について更に詳しくはこちら
205/55R16というタイヤサイズは、多くの車種で一般的に使用されています。以下は、そのような車種のいくつかの例です。また、年式やトリムによってタイヤサイズが異なることがありますので、必ず車両メーカーの指定に従ってください。

  1. トヨタ・プリウス
  2. トヨタ・カローラ
  3. ホンダ・シビック
  4. マツダ・アクセラ
  5. スバル・レガシィ
  6. トヨタ・プレミオ
  7. トヨタ・ウィッシュ
  8. トヨタ・アリオン
  9. トヨタ・カムリ
  10. トヨタ・ノア
  11. ホンダ・アコード
  12. マツダ・アテンザ
  13. スバル・インプレッサ
  14. スズキ・スイフト
  15. 三菱・ランサーセディア
  16. トヨタ・センチュリー
  17. ダイハツ・ミラージュ
  18. 日産・ティーダ
  19. 日産・プリメーラ
  20. 日産・セントラ
  21. フォルクスワーゲン・ゴルフ
  22. アウディ・A3
  23. BMW・3シリーズ
  24. メルセデス・ベンツ・Cクラス
  25. フォルクスワーゲン・パサート
  26. アウディ・A4
  27. ホンダ・フィット
  28. スバル・エクシーガ
  29. スバル・フォレスター
  30. ニッサン・ジューク
  31. 三菱・ランサーエボリューション
  32. 三菱・デリカD:5
  33. マツダ・CX-3
  34. トヨタ・C-HR
  35. ホンダ・CR-V
  36. トヨタ・RAV4
  37. ニッサン・エクストレイル
  38. フォルクスワーゲン・ポロ
  39. アウディ・A1
  40. メルセデス・ベンツ・Aクラス
  41. BMW・1シリーズ
  42. プジョー・308
  43. ルノー・メガーヌ
  44. フォード・フィエスタ
  45. シトロエン・C4
  46. フィアット・500
  47. アルファロメオ・ジュリエッタ
  48. オペル・アストラ
  49. シボレー・クルーズ
  50. ボルボ・V40

これらはあくまで一部の例ですが、他にも多くの車種が205/55R16サイズのタイヤを使用しています。車種や年式によっては、オプションで異なるサイズのタイヤが選択可能な場合もあります。車の取扱説明書やドアの内側にあるタイヤと空気圧に関する情報を確認することをおすすめします。

 

タイヤ銘柄数は多いメジャーなサイズです。

主にミニバン、コンパクト、セダンなど幅広い車種用のサイズです。

ミズコ

タイヤ交換する人のため徹底調査します!

こちらの記事を読むだけで主要なタイヤはすべて網羅しています!

あなたに合ったタイヤが見つかります!

タイヤサイズとラベルの確認方法の記事はこちら

関連記事

ミズコこちらの記事ではタイヤの情報の確認の仕方をまとめています・タイヤ購入時のサイズ確認・タイヤ交換の時期の検討用これらにご活用下さい!タイヤサイズの確認の仕方タイヤの側面を見[…]

205/55R16の主要タイヤブランド(夏タイヤ)取り扱い状況

2024年05月現在の各主要タイヤメーカーの取り扱いタイヤを纏めます。

 

このサイズでは主要6社で51銘柄も有り、どれを選んだら良いのか判断が難しいと思います。

 

こちらは「スタッドレスタイヤ」と「オールシーズンタイヤ」を除いた「サマータイヤ」のみの纏めです。

 

また各表にAmazon価格を記載していますが、こちらは2024年05月時点での価格です。
※同月内でも変動しますので正確には表の銘柄よりリンクで飛べます。

ブリヂストンの205/55R16の夏タイヤの比較一覧

BRIDGESTONE(ブリヂストン)タイヤで205/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • REGNO GRVⅡ
  • REGNO GRーXⅡ
  • POTENZA RE-71RS
  • POTENZA S007A
  • POTENZA RE004
  • Playz PXーRVⅡ
  • Playz PXⅡ
  • ECOPIA NH200
  • ECOPIA EV−01
  • ECOPIA EP001S
  • NEXTRY→NEWNO

上記の11ブランドです。

 

BRIDGESTONEは1931年に石橋さんが創業した日本企業です!

石橋さんを英語にした「ストーンブリッジ」だと語呂が悪いので前後を入れ替えて現社名になっています!

タイヤ国内販売シェアNo1企業です!

世界4大タイヤ会社の一角です!

ブリヂストンについて更に詳しくはこちら
ブリヂストンは、世界最大のタイヤとゴム製品のメーカーの一つであり、日本企業として1931年に創業者の石橋正二郎によって設立されました。以下にその詳細を述べます。

1. 会社の起源と進化:

1931年、石橋正二郎はブリヂストンタイヤ株式会社を設立しました。石橋は、会社名を「ブリヂストン」にした理由を、「日本の技術力が世界に通用することを示すため」と述べました。彼の名前、「石橋」は英語で「stone bridge」を意味し、これを逆にしたものが「Bridgestone」となります。

ブリヂストンはその後、タイヤ産業における技術革新の先駆者としての地位を確立しました。1951年には日本初のレイヨンコードタイヤを製造し、1967年には日本初のレーシングカート用タイヤを製造しました。

2. 事業範囲:

ブリヂストンは、自動車、トラック、バス、建設・鉱山機器、産業機器、航空機、モーターサイクルなど、さまざまな車両用のタイヤを製造しています。また、自転車やゴルフ用品などのスポーツ関連商品も製造しており、多様な事業展開を行っています。

3. グローバルな存在感:

ブリヂストンは現在、世界150以上の国と地域で事業を展開し、約180の製造拠点を持つグローバル企業となっています。その製品は世界中のさまざまな車両で使用され、ブランドは広く認知されています。

4. 持続可能な未来への取り組み:

ブリヂストンは、社会と環境への責任を重視し、持続可能な未来を実現するための取り組みを行っています。これには、環境負荷の低減、従業員とコミュニティの健康と安全の確保、公正なビジネス実践が含まれます。

5. 技術革新と製品開発:

ブリヂストンは、革新的な製品と技術の開発に努めており、その結果、多くの業界初の製品とソリューションを市場に導入してきました。これには、エコフレンドリーなタイヤ、ランフラットタイヤ、革新的な燃費効率向上技術などが含まれます。

6. モータースポーツへの参加:

ブリヂストンは長年にわたりモータースポーツに参加し、その技術力を証明してきました。特に、同社は2007年から2010年までの4年間、フォーミュラ1の公式タイヤサプライヤーを務めました。モータースポーツから得た技術や知見は、一般の乗用車向け製品の開発にも活用されています。

7. 社会貢献活動:

ブリヂストンは、環境保護、教育支援、災害復興支援など、さまざまな社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。また、同社はスポーツの振興にも力を入れており、特にゴルフとパラリンピック競技の支援に注力しています。

総じて、ブリヂストンは、創業者のビジョンに基づいて創業以来の技術革新と社会貢献の精神を持続しています。タイヤ製造業界におけるそのリーダーシップは、製品の品質、技術革新、そして世界各地の顧客とコミュニティに対する献身によって獲得されています。

205/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄11種類を比較で並べました。

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
REGNO GRV Ⅱミニバン用コンフォート
 REGNO GR-XⅡコンフォートタイヤ
POTENZA RE-71RSなしなしスポーツタイヤ(タイムアタック向け)
POTENZA S007Aスポーティタイヤ(セダン・スポーツ向け)
POTENZA RE004なしなしスポーティタイヤ(全ボディタイプ対応)
Playz PX-RVⅡミニバン用低燃費
Playz PXⅡ低燃費タイヤ
(オンライン専用商品)
ECOPIA NH200AA低燃費タイヤ
ECOPIA EV−01AAEV(電気自動車)専用タイヤ
ECOPIA EP001SAAAセダン・クーペ専用低燃費タイヤ
NEWNOスタンダードタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

REGNOシリーズのオススメポイント

REGNO(レグノ)シリーズはBRIDGESTONEを代表する最高峰のコンフォートタイヤブランドです。

 

REGNOはBRIDGESTONEの技術を総動員して作られた、名実共に高級タイヤです。

 

GR-XⅡ(じーあーるくろすつー)はレグノシリーズの中で最もスタンダードなタイヤです。

レグノシリーズには他にも「ミニバン専用」「軽自動車専用」モデルがあります。

レグノシリーズに共通するのは静粛性・ハンドリング・ふらつき制御技術等による総合的な「乗り心地の良さ」です。

 

ミニバン専用モデルがGRV2(じーあーるぶいつー)で、ミニバン・SUV特有の背の高さから来るふらつき感を軽減しています。

 

特筆する特徴

  • 高い静粛性
  • 高い耐摩耗性
  • ふらつき制御性能

価格面では他社含めて定価は最も高い部類のタイヤです。

ミズコ

レグノはミズコも大好きなタイヤです!

前に乗っていたGD3フィットにはGR-XⅡの前モデルであるGR-XIを履かしていました!

レグノについて更に詳しくはこちら
「REGNO(レグノ)」シリーズは、ブリヂストンが提供するコンフォートタイヤの最高峰ブランドで、安全性、快適性、燃費性能のバランスに優れた製品ラインアップを特徴としています。以下、詳細について記述します。

1. 高い快適性:

レグノシリーズは、乗り心地の良さと静粛性を重視したデザインがなされています。路面からの振動や騒音を抑える技術が採用されており、ドライバーと乗客がストレスなく快適に移動できるように設計されています。

2. 優れた安全性:

レグノシリーズは、ウェット路面でのグリップ性能やブレーキ性能に優れています。これにより、雨天時や緊急時でも安全に車両を制御することが可能です。また、高速道路での安定性も確保しています。

3. 燃費効率:

レグノシリーズは、低転がり抵抗を実現することで燃費効率を向上させる設計がなされています。これにより、経済性だけでなく環境負荷の低減にも貢献しています。

4. 製品ラインアップ:

レグノシリーズには、乗用車向けからミニバン向け、軽自動車向けまで、様々な車種に対応したタイヤがラインアップされています。それぞれの車種の特性に合わせた設計がなされており、最適なドライビング性能を提供します。

5. 長寿命:

レグノシリーズは、耐久性と長寿命を実現するための技術が採用されています。これにより、長期間にわたって一貫した性能を提供します。

以上のように、レグノシリーズは、快適性、安全性、燃費性能のバランスに優れたコンフォートタイヤブランドであり、ブリヂストンの技術力を反映した製品群と言えます。

レグノシリーズには、様々な車種や走行条件に対応するためのさまざまなモデルが用意されています。乗用車向けには、GR-XシリーズやGRVシリーズなどが存在し、それぞれのシリーズが異なる特性や性能を持っています。

例えば、以下のようなモデルがあります。

  1. REGNO GR-Xシリーズ:このシリーズは、ウェット性能と静粛性を高めたプレミアムタイヤです。特に雨の多い地域や、静粛性を重視するドライバーに適しています。
  2. REGNO GRVシリーズ:こちらは、SUVやクロスオーバー向けのタイヤで、オンロード性能を重視しつつも、オフロードでの利用も考慮されています。乗り心地と静粛性、そしてグリップ性能が高いことが特徴です。
  3. REGNO GR-Leggeraシリーズ:高い燃費性能を追求したエコタイヤです。軽量化と低燃費性能が特徴で、CO2排出量を削減したいドライバーに適しています。

これらのモデルは、ドライバーのニーズに合わせて選ぶことができます。また、ブリヂストンは、環境に配慮した製品開発やリサイクル活動など、持続可能な社会づくりにも取り組んでいます。そのため、レグノタイヤは、高性能でありながら環境に優しい選択肢としても評価されています。

ECOPIA NH200 のオススメポイント

ECOPIA(エコピア)シリーズはの低燃費タイヤブランドです。

 

NH200 はエコピアシリーズの中でスタンダードモデルです。

ボディタイプを選ばずサイズ展開も豊富です。

 

EP001Sは2サイズのみの展開となっており、転がり抵抗AAAとウェットグリップAとラベリング制度の最高値を叩き出しています。

EP001Sはセダン・クーペ専用となっており、ECOPIAの低燃費タイヤとしての最高峰のタイヤです。

EP001Sは価格面も高価格になっています。

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • 耐摩耗性が高い
  • ロングライフ性能
エコピアNH200について更に詳しくはこちら
「ECOPIA(エコピア)」シリーズは、ブリヂストンが提供する低燃費タイヤのブランドで、環境に配慮したエコフレンドリーな製品ラインアップを特徴としています。その中でも「NH200」は、多くの車種に対応可能なスタンダードモデルとして位置づけられています。以下、詳細について記述します。

1. 低燃費性:

エコピアシリーズは、名前が示す通り、エコロジー(Ecology)とユートピア(Utopia)を融合したコンセプトで開発されています。低転がり抵抗の設計により、燃費性能を向上させています。これにより、ドライバーは燃料費を節約し、CO2排出量の削減にも貢献できます。

2. 幅広い適用性:

NH200は、様々なボディタイプに対応可能なスタンダードモデルで、サイズ展開も豊富です。これにより、多種多様なニーズに対応可能で、幅広いドライバーに適した選択肢を提供します。

3. 安全性:

エコピアシリーズは、低燃費性能だけでなく、安全性も重視しています。ウェット路面でのグリップ性能やブレーキ性能に優れており、雨天時でも安定したドライビングが可能です。

4. 長寿命:

エコピアシリーズは、長期間にわたって一貫した性能を提供するための耐久性と長寿命設計が採用されています。これにより、タイヤ交換の頻度を減らし、経済的にもエコロジー的にもメリットがあります。

以上のように、エコピアシリーズのNH200は、低燃費性能、多様な適用性、安全性、長寿命設計を備えたスタンダードモデルとして、ブリヂストンのタイヤラインアップにおいて重要な位置を占めています。

エコピアEP001Sについて更に詳しくはこちら
「EP001S」は、ブリヂストンの「ECOPIA(エコピア)」シリーズの中でも、特に低燃費性能に優れ、ラベリング制度の最高値を達成したモデルです。その詳細について以下に記述します。

1. 低燃費性能:

EP001Sは転がり抵抗が「AAA」、ウェットグリップが「A」という、ラベリング制度の最高評価を叩き出しています。これは、車両が走行する際のエネルギーロスを最小限に抑えることで、燃費性能を極限まで引き上げた結果です。そのため、このタイヤを使用することで燃料費の節約、CO2排出量の削減に大いに貢献できます。

2. 専用設計:

EP001Sは、セダンやクーペ専用に設計されています。これは、特定の車種の性能や特性を最大限に引き出すための戦略で、乗り心地やハンドリング性能にも優れています。

3. 高価格:

EP001Sは、その高性能な特性から高価格帯に位置づけられています。しかし、その長期的な燃費効果や走行性能を考慮すると、その価格は十分に納得できるレベルであると言えます。

4. サイズ展開:

EP001Sは、2サイズのみの展開となっています。これは、特定の車種への専用設計という戦略を取っているためです。

以上のように、エコピアシリーズのEP001Sは、低燃費性能、専用設計、そしてその高価格帯という特性から、ブリヂストンの最高峰の低燃費タイヤとして位置づけられています。

NEXTRY→NEWNOのオススメポイント

NEXTRY(ネクストリー)シリーズはBRIDGESTONEのスタンダードタイヤブランドです。

2023年2月にNEWNOへモデルチェンジしました。

NEWNOはブリヂストンのスタンダードタイヤで幅広いタイヤサイズが用意されているタイヤです。

特筆する特徴

  • 幅広いタイヤサイズ対応
  • 低燃費性能

価格面では低価格なタイヤです。

BRIDGESTONEの特色

BRIDGESTONEタイヤは昔は「永久ドーナツ」と呼ばれる技術がありました

タイヤの歪みなどが非常に少なく、完璧な真円を目指した技術です

現在は、「アルティメット・アイ」として、設計段階でシュミレーションして作った原物のタイヤを測定して再度設計に反映するというタイヤ解析を行っています!

ブリヂストンの特色について更に詳しくはこちら
ブリヂストンの「永久ドーナツ」技術と現代の「アルティメット・アイ」技術は、その高い品質と性能を確保するための重要な要素です。以下、それぞれの技術について詳しく説明します。

1. 永久ドーナツ:

「永久ドーナツ」はブリヂストンのタイヤ製造技術の一つで、その名前が示す通り、タイヤの形状が完璧な真円(ドーナツ形状)を保つように設計されていました。この技術はタイヤの歪みを極力減らすことを目指し、これによりタイヤの乗り心地や耐久性が大幅に向上しました。

2. アルティメット・アイ:

一方、現代の「アルティメット・アイ」は、タイヤ設計の最先端技術であり、シミュレーションと物理的な測定を組み合わせて、最高の性能を引き出します。このプロセスでは、初めにコンピュータシミュレーションを使用してタイヤを設計し、その後、実際のタイヤを製造してその性能を評価します。測定結果は再度設計プロセスにフィードバックされ、これによりタイヤの性能を最適化するとともに、製品の品質と一貫性を保証します。

これらの技術は、ブリヂストンが世界的なタイヤ製造業界でリーダーの地位を保つための重要な要素であり、その製品が高い性能、耐久性、そして安全性を持つことを保証しています。

ミシュランタイヤの205/55R16の夏タイヤ一覧

MICHELIN(ミシュラン)タイヤで205/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • E·PRIMACY
  • PRIMACY 4+
  • PRIMACY 4
  • PRIMACY 3
  • ENERGY SAVER 4
  • ENERGY SAVER+
  • SX MXX3

  • PILOT SPORT 4
  • PILOT EXALTO PE2

上記の9ブランドです。

MICHELINは1863年にミシュラン兄弟によって創業されたフランス企業です!

世界で始めてラジアルタイヤを発明した企業でもあります!

レストランやカフェなどを格付けしたミシュランガイドも有名です!

世界4大タイヤ会社の一角です!

ミシュランについて更に詳しくはこちら
ミシュランは、その歴史と革新性で世界的に知られるタイヤ製造企業です。以下にその詳細を記述します。

1. 創業と初期の歴史:

ミシュランは1863年にフランスでÉdouard MichelinとAndré Michelin兄弟によって設立されました。当初はゴム製品の製造を中心に事業を展開していましたが、次第にその事業範囲を広げ、特に自動車タイヤの分野で名を馳せるようになりました。

2. ラジアルタイヤの発明:

ミシュランは1946年にラジアルタイヤを世界で初めて発明しました。これは、タイヤの寿命を大幅に延ばし、燃費を改善し、乗り心地を向上させる革新的な技術でした。この発明により、ミシュランは自動車産業における重要なプレイヤーとなりました。

3. 世界的な業績:

その後もミシュランは革新的な技術を次々と開発し、その品質とパフォーマンスで世界的に認知されるようになりました。現在、ミシュランは世界中で幅広い範囲の自動車用タイヤを製造しており、高性能車から商用車まで、さまざまな用途に対応しています。

4. ミシュランガイド:

また、ミシュランはその名を冠したレストランガイド、ミシュランガイドで知られています。このガイドは、世界中のレストランの品質を評価し、特に優れたレストランに対しては「ミシュラン星」を授与しています。このガイドは、飲食業界の最も権威ある評価の一つとされています。

以上のように、ミシュランはその長い歴史と革新的な技術開発、そして多岐にわたる事業活動を通じて、世界的なタイヤ製造業界でリーダーの地位を築いてきました。

205/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄9種類を比較で並べました。

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
E·PRIMACYAAAEV・モーター走行ハイブリッド向けタイヤ
PRIMACY 4+プレミアムコンフォート
PRIMACY 4なしなしプレミアムコンフォートタイヤ
PRIMACY 3なしなしアクティブコンフォート
ENERGY SAVER 4AA低燃費タイヤ
ENERGY SAVER+なしなし低燃費タイヤ
SX MXX3なしなしモダン・クラシックカータイヤ
PILOT SPORT 4なしなしスポーツタイヤ
PILOT EXALTO PE2なしなしハイパフォーマンスタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

PRIMACYシリーズのお勧めポイント

PRIMACYシリーズはMICHELINのコンフォートタイヤブランドです。

 

e PRIMACYはEV向けに、エンジン音無く走る状況でも対応するために静粛性と低燃費性能を磨き上げたタイヤになります。

転がり抵抗に特化しており、転がり抵抗AAAウェットグリップcと燃費と静粛性に特化したタイヤです。

 

PRIMACY4+は転がり抵抗係数Aとウェットグリップbを両立し、静粛性も高めた総合力の高いタイヤです。

上級グレードモデルに純正装着される様々な総合性能が高いタイヤになります。

PRIMACY 4+は更に長持ち性能が追加されています。

特筆する特徴

  • 静粛性と乗り心地の良さ
  • ふらつき制御機能

価格面では中間的な価格なタイヤです。

プライマシーシリーズについて更に詳しくはこちら
ミシュランのPRIMACYシリーズは、特に快適性と静粛性に重点を置いた高級タイヤのラインナップです。以下、その特徴について詳しく説明します。

  1. 快適性と乗り心地: PRIMACYシリーズは、乗り心地の快適性を最優先に設計されています。これは、タイヤの内部構造と特殊なコンパウンド(ゴム混合物)の使用により、振動と騒音を最小限に抑え、乗り心地を向上させます。
  2. 安全性: PRIMACYシリーズは、ウェット路面での優れたブレーキ性能とグリップ力を提供します。これにより、雨天時でも安全性が確保されます。
  3. 燃費効率: これらのタイヤは、ローリングレジスタンスを最小限に抑える設計が施されています。これにより、燃費効率が向上し、CO2排出量を削減します。
  4. 耐久性: PRIMACYシリーズのタイヤは、ミシュランの高品質な製造技術と素材により、長寿命が期待できます。これにより、タイヤの交換頻度が減少し、総所有コストが削減されます。

以上のように、PRIMACYシリーズはミシュランのコンフォートタイヤのブランドとして、優れた快適性と安全性を提供し、同時に環境への配慮も忘れていません。これらの特徴により、このシリーズはセダンや高級車のオーナーから高い評価を受けています。

プライマシーシリーズは、特に高級車や上級グレードの車種に純正装着されることが多く、優れた総合性能が評価されています。乗り心地や静粛性を重視するドライバーには、プライマシーシリーズがおすすめです。ただし、使用する車種や運転条件によっては、適切なタイヤサイズや性能を選択することが重要です。ミシュランのウェブサイトやカタログ、専門店のアドバイスを参考にして、適切なタイヤを選ぶことがおすすめです。

ENERGY SAVER4のオススメポイント

ENERGYシリーズはミシュランの低燃費タイヤブランドです。

ENERGY SAVER4は同シリーズである、「ENERGY SAVER+」「ENERGY SAVER」の中でもセダン・ハッチバック・ワゴン・EV・ミニバン・軽自動車と様々なタイプに対応したサイズ展開をしています。

 

「雨の日の安心感と快適性を両立した低燃費タイヤ」という謳い文句です。

 

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • 比較的多めなサイズ展開

価格面では中間的な価格なタイヤです。

エナジーシリーズについて更に詳しくはこちら
ミシュランのENERGYシリーズは、燃費効率の向上を目指した低燃費タイヤのラインナップです。以下、その特徴について詳しく説明します。

  1. 燃費効率: ENERGYシリーズの最大の特徴は、燃費効率の向上です。これは、タイヤのローリングレジスタンス(転がり抵抗)を低減することで達成されています。ローリングレジスタンスが低いと、エンジンが必要とするエネルギーが少なくなり、結果として燃費が改善されます。
  2. エコフレンドリー: 低燃費タイヤは、CO2排出量を削減するための一助となります。車両の燃費を向上させることで、走行距離あたりのCO2排出量が減少します。
  3. 耐久性: ENERGYシリーズのタイヤは、ミシュランの先進的なゴムコンパウンド技術により、長寿命が期待できます。これにより、タイヤの交換頻度が減少し、総所有コストが削減されます。
  4. 安全性: これらのタイヤは、ウェット路面での優れたブレーキ性能とグリップ力を提供します。これにより、雨天時でも安全性が確保されます。

以上のように、ENERGYシリーズは燃費効率を重視しつつ、安全性や耐久性も兼ね備えたミシュランの低燃費タイヤブランドです。これらの特性により、環境意識の高いドライバーや、燃費効率を重視するフリートオーナーから高い評価を受けています。

ミシュランの特色

ミシュランタイヤは高性能ですが日本での流通が主なサイズは選べるシリーズが少なくなります!

多くの輸入車に純正採用される、基本性能の高さがあります。

世界シェア1位をBRIDGESTONEとMICHELINで争っています。

205/55R16はその中でもMICHELINタイヤも選べるメジャーなサイズです。

PRIMACY4+も選べる点は非常に嬉しいです。

ミシュランの特色について更に詳しくはこちら
ミシュランは、フランスのタイヤメーカーとして世界的に高い評価を受けています。同社のタイヤは、特に高性能であり、基本性能の高さや革新的な技術が特徴です。以下、ミシュランタイヤのいくつかの特徴を紹介します。

  1. 基本性能の高さ ミシュランタイヤは、耐久性、グリップ性能、乗り心地、燃費性能、静粛性などの基本性能が高く評価されています。また、多くの輸入車に純正採用されており、その高い性能が認められています。
  2. 世界シェアの競争 ミシュランは、ブリヂストンとともに世界シェアのトップを争っています。両社ともに、世界中で高い評価を受けているタイヤメーカーであり、多くのドライバーに選ばれています。
  3. 日本での流通 ミシュランタイヤは、日本での流通が限られているため、一部のサイズやシリーズが選べる範囲が狭くなることがあります。ただし、205/55R16のようなメジャーなサイズは、ミシュランタイヤでも選べることが多いです。
  4. PRIMACY 4 ミシュランのPRIMACY 4は、総合性能に優れたタイヤで、転がり抵抗係数AとウェットグリップAを両立しています。これにより、燃費性能と安全性が高いレベルで実現されています。さらに、静粛性も高められており、快適なドライビングをサポートしています。205/55R16サイズでも選べる点は、多くのドライバーにとって魅力的です。

ミシュランタイヤは、その高い性能と革新的な技術により、世界中のドライバーに選ばれています。ただし、日本での流通が限られているため、適切なサイズや性能のタイヤを選ぶ際には、専門店やインターネット通販などで情報を集めることが重要です。

横浜タイヤの205/55R16の夏タイヤの比較一覧

YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤで205/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

 

  • ADVAN Sport V105

  • ADVAN Sport V103

  • ADVAN dB V552
  • ADVAN FLEVA V701

  • ADVAN NEOVA AD09

  • ADVAN A052

  • BluEarth-GT AE51
  • BluEarth AE-01F
  • BluEarth-RV RV03
  • BluEarth-Es ES32
  • ECOS ES31
  • DNA map ES340

  • YOKOHAMA A-008P

上記の13ブランドです。

YOKOHAMAは1917年に神奈川県横浜市に創業した日本企業です!

日本国内シェアNo3企業です!

横浜タイヤについて更に詳しくはこちら
  1. 歴史 横浜ゴムは、日本初のヨーロッパ式タイヤを製造するために、横浜で創業されました。以来、同社は自動車タイヤ、工業用ゴム製品、航空機用ゴム製品、建設用ゴム製品など、幅広い分野で事業を展開しています。
  2. 主要製品 YOKOHAMAは、高品質なタイヤを製造・販売しており、以下のような製品ラインナップがあります。
    • BluEarth(ブルーアース):エコタイヤシリーズで、低燃費性能やウェットグリップ性能に優れています。
    • ADVAN(アドバン):ハイパフォーマンスタイヤシリーズで、サーキット走行やスポーツ走行に適した性能を提供します。
    • GEOLANDAR(ジオランダー):SUVやクロスオーバー向けのタイヤシリーズで、オフロード走行性能や耐久性に優れています。
  3. モータースポーツへの取り組み YOKOHAMAは、モータースポーツへの積極的な取り組みで知られており、世界各地のレースに参戦しています。同社は、モータースポーツを通じてタイヤ技術の向上を目指し、その成果を市販タイヤにフィードバックしています。
  4. 国際展開 YOKOHAMAは、世界各地でタイヤ製造・販売を展開しており、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどで高い評価を受けています。同社は、海外でのビジネス拡大を通じて、世界的なタイヤメーカーとしての地位を確立しています。
  5. 研究開発 YOKOHAMAは、研究開発に力を入れており、新たなタイヤ技術や素材の開発を積極的に行っています。同社は、環境に配慮したタイヤや性能向上を目指したタイヤを開発するために、横浜市や神奈川県内に研究施設を構えています。
  6. 社会貢献活動 YOKOHAMAは、環境保護や地域社会への貢献活動にも力を入れています。同社は、環境負荷の低減を目指した製品開発や、リサイクル活動を行っており、持続可能な社会の実現に貢献しています。また、地域社会との連携を通じて、スポーツや文化活動の支援を行っています。

これらの点から、YOKOHAMAは日本国内シェアNo.3のタイヤメーカーとして、高い評価を受けているだけでなく、幅広い分野で事業展開を行い、環境や社会貢献活動にも取り組んでいることがわかります。同社の技術力や品質は、自動車業界で高く評価されており、今後もその地位を維持・向上させることが期待されています。

 

205/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄12種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ

ADVAN Sport V105

なしなし輸入外車用OEスポーツタイヤ
ADVAN Sport V103なしなしスポーツタイヤ
ADVAN dB V552コンフォートタイヤ
ADVAN FLEVA V701ハンドリング重視スポーティタイヤ
ADVAN NEOVA AD09スポーツタイヤ
ADVAN A052なしなし
(ドライグリップ優先設計のため、雨天時の使用に注意喚起文記載あり)
(ネオバよりより競技向け)スポーツタイヤ
BluEarth-GT AE51AAグランドツーリングタイヤ
BluEarth AE-01FAAA少燃費タイヤ
BluEarth-RV RV03ミニバン専用タイヤ
BluEarth-Es ES32スタンダードタイヤ

ECOS ES31

スタンダードタイヤ
DNA map ES340ミニバン用タイヤ
YOKOHAMA A-008Pなしなしヒステリックカー(ポルシェ)用タイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

ADVAN dB V552のオススメポイント

アドバンシリーズは、ヨコハマタイヤのラインナップの中ではスポーティタイヤのシリーズになります。

ADVAN dB V552は、その中でもコンフォートタイヤに位置します。

 

 

ヨコハマタイヤ史上最も静粛性に優れるタイヤです。

デシベルとは音の大きさを示す単位で、そのデシベルという名を冠する程に静粛性にこだわっています。

 

元々スポーツブランドである、アドバンブランドならではの運動性能も犠牲にしていません

転がり抵抗性能「A」とウェット性能「a」という高いレベルの両立をしています。

特筆する特徴

  • 高い静粛性
  • ウェット性能と燃費性能の両立

価格面では高価格なタイヤです。

アドバンデシベルについて更に詳しくはこちら
ヨコハマタイヤのアドバンシリーズは、スポーティタイヤの代名詞として知られています。その中でも、ADVAN dB V552は、特に静粛性と快適性に重点を置いたタイヤとして位置づけられています。

  1. 静粛性と快適性: ADVAN dB V552は、その名前にもあるように、dB(デシベル)の低さ、つまり低騒音を特徴としています。車内への騒音侵入を抑制し、快適なドライビング環境を提供することを目指して設計されています。
  2. 性能: このタイヤは、静粛性だけでなく、優れた走行性能も提供します。ウェット路面でのグリップ性能や、安定したコーナリング性能など、様々な状況下での運転をサポートします。
  3. デザイン: ADVAN dB V552は、スタイリッシュなデザインも特徴的です。スリムなトレッドパターンと洗練されたサイドウォールデザインにより、車両の外観を引き立てます。
  4. 耐久性: ヨコハマタイヤの技術力を反映し、ADVAN dB V552は優れた耐久性を備えています。長期間にわたり一貫した性能を発揮し、タイヤ交換の頻度を減らすことができます。

以上の特徴により、ADVAN dB V552は高速道路での長距離ドライブや、日常の通勤・送迎など、様々なシーンで快適なドライビングを提供します。

BluEarthシリーズのオススメポイント

BluEarthシリーズは、ヨコハマタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤのシリーズになります。

BluEarthシリーズの中でも様々なタイプが有ります。

特に「GT」は驚異の転がり抵抗「AA」ウェット性能「a」を獲得しています。

ヨコハマタイヤ全体で「雨に強い」を売りにしています。

 

 

AE-01Fは雨性能ではなく低燃費性能に振ってあり、転がり抵抗「AAA」ウェットグリップ「c」と超低燃費性能寄りになっています。

 

特筆する特徴

  • 雨に強い
  • ウェット性能と燃費性能の両立

価格面では中価格〜高価格まで幅広いタイヤです。

ブルーアースシリーズについて更に詳しくはこちら
ヨコハマタイヤのBluEarthシリーズは、エコフレンドリーかつ高性能な低燃費タイヤのシリーズとして知られています。以下にその特徴を詳しく説明します。

  1. 燃費効率: BluEarthシリーズのタイヤは、その名前が示す通り、地球(Earth)に優しい設計が特徴です。独自の軽量設計と低転がり抵抗技術により、優れた燃費効率を提供します。
  2. 静粛性: このシリーズのタイヤは、静粛性にも優れています。タイヤと路面との間の騒音を低減し、快適なドライビング環境を提供します。
  3. ウェット性能: BluEarthシリーズはウェット路面での性能にも優れています。雨天時でも安定した走行性能を発揮し、安全性を確保します。
  4. エコフレンドリー: BluEarthシリーズは、環境に配慮した製品開発を目指しています。製造プロセスでは、CO2排出量を削減するための努力がなされており、使用後のタイヤのリサイクルにも配慮しています。
  5. 耐久性と信頼性: ヨコハマタイヤの技術力を反映して、BluEarthシリーズは高い耐久性と信頼性を誇ります。長距離走行でも一貫した性能を発揮し、タイヤの寿命を延ばします。

これらの特徴により、BluEarthシリーズは、エコフレンドリーながらも高性能なタイヤとして、様々なシーンでのドライビングをサポートします。

BluEarthシリーズは、ヨコハマタイヤの低燃費タイヤシリーズであり、様々なタイプのタイヤがラインナップされています。以下、特に注目すべきポイントを説明します。

  1. BluEarth-GT BluEarth-GTは、高い転がり抵抗性能「AA」とウェット性能「a」を実現しています。これにより、燃費性能と雨の日の安全性を両立したタイヤとなっています。また、ヨコハマタイヤ全体で「雨に強い」を売りにしており、ウェット性能が高いタイヤが多くラインナップされています。
  2. BluEarth-EF20 BluEarth-EF20は、転がり抵抗「AAA」とウェットグリップ「a」を獲得している高性能タイヤです。このタイヤは、セダン・クーペ・コンパクトカー専用となっており、ラベリング制度の最上位を獲得しています。ただし、価格は非常に高価であることに注意が必要です。
  3. BluEarth-AE01F BluEarth-AE01Fは、低燃費性能に特化したタイヤで、転がり抵抗「AAA」とウェットグリップ「c」を実現しています。同じ転がり抵抗「AAA」のEF20よりも価格がお求めやすい点が魅力ですが、ウェットグリップは「c」となっているため、雨の日の性能には注意が必要です。

これらのタイヤは、それぞれ異なる特性を持っているため、自分の車種や走行条件に合わせて選択することが重要です。また、ヨコハマタイヤは日本国内シェアNo.3の企業であり、信頼性や品質面でも高い評価を受けています。適切なタイヤを選ぶことで、燃費性能や走行性能を向上させることができます。

YOKOHAMAタイヤの特色

ヨコハマタイヤは「雨に強い」が特徴のタイヤになります!

またブルーアースシリーズで非常に多彩なラインナップを取り揃えています。

会社全体で雨に対する性能の向上を行っており2022年6月時点でウェット性能「a」を380サイズ以上で獲得しています!

横浜タイヤの特色についてさらに詳しくはこちら
ヨコハマタイヤはその革新的な技術と製品開発により、「雨に強い」タイヤとして広く認識されています。特に、BluEarthシリーズのタイヤは、ウェット路面での高い性能を発揮します。その主な特徴と詳細について以下に説明します。

  1. ウェット性能: ヨコハマタイヤはウェット路面での優れたグリップ性能と安定性を提供します。これは、タイヤのトレッドパターンと独自のコンパウンド技術によるものです。タイヤのトレッドは、水分を効果的に排出し、スリップを防止します。また、特殊なコンパウンドはウェット路面でも高いグリップ力を発揮します。
  2. 多彩なラインナップ: BluEarthシリーズは、異なる需要と車種に対応するため、多彩なラインナップを持っています。小型車からSUV、ミニバンまで、幅広い車種に対応したタイヤを提供しています。
  3. ウェットグリップ等級「a」: ヨコハマタイヤは、ウェットグリップ性能の向上に重点を置いています。その結果、2022年6月時点で、ヨコハマタイヤは380サイズ以上のタイヤでウェットグリップ等級「a」を獲得しています。これは、雨天時でも安全性と快適性を確保するための重要な指標です。

ヨコハマタイヤは、雨天時の安全性と快適性を確保するための技術開発に注力しています。そのため、雨に強いタイヤを求めるドライバーにとって、ヨコハマタイヤは信頼できる選択肢と言えるでしょう。

ダンロップタイヤの205/55R16の夏タイヤ一覧

DUNLOP(ダンロップ)タイヤで205/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • SP SPORT MAXX 060+

  • VEURO VE304
  • LE MANS V+
  • エナセーブ EC204
  • エナセーブ RV505
  • DIREZZA ZIII

  • DIREZZA DZ102

上記の7ブランドです。

 

DUNLOPは1909年にイギリスのタイヤメーカ・ダンロップの日本法人として設立された日本企業です!

初の国産の自動車用タイヤ製造、初の国産ラジアルタイヤ製造など歴史のある企業です!

日本国内シェアはNo2の企業です!

ダンロップについて更に詳しくはこちら
イギリスのダンロップ社の日本法人として1909年に設立されたDUNLOPは、日本のタイヤ製造業界における重要なプレイヤーとなりました。以下にその詳細を掘り下げて解説します。

設立の背景と初期の歴史

DUNLOPは、その起源をイギリスのダンロップ社に持つ企業で、1909年に日本に進出しました。ダンロップ社は、1888年にジョン・ボイド・ダンロップによって設立され、初めて実用的な空気入りゴムタイヤを開発した会社で、その革新的な技術はすぐに世界中で採用されました。

日本での設立は、日本の急速な産業化と自動車産業の発展を背景に、当時の新興市場への進出として行われました。初期のDUNLOPは、主にイギリスから輸入した製品を販売していましたが、次第に国内生産に移行し、日本国内の需要に対応するようになりました。

技術開発と業界への貢献

DUNLOPの大きな成果の一つに、初の国産自動車用タイヤの製造があります。これは日本の自動車産業にとって重要なマイルストーンであり、国産車の製造コストを下げるとともに、自動車産業の成長を促進しました。

さらに、DUNLOPは初の国産ラジアルタイヤの製造に成功しました。ラジアルタイヤはその高い耐久性と燃費効率により、自動車業界に革命をもたらしました。これらの技術開発により、DUNLOPは日本のタイヤ産業のリーダーとなり、自動車産業全体の発展に大きく貢献しました。

現代におけるDUNLOP

現在、DUNLOPはその先進的な技術と製品の品質により、日本国内外の自動車メーカーから広く認知されています。市場シェアにおいては、日本国内で第2位となっており、その競争力を維持しています。

DUNLOPはその歴史と伝統を継承しつつ、持続可能な製品の開発や新しい技術の探求にも力を注いでいます。デジタル技術や人工知能を活用した製品開発にも取り組み、自動車産業の急速な変化に対応しています。

環境への取り組み

DUNLOPは、製品のライフサイクル全体にわたる環境影響を評価し、それを最小限に抑えるための取り組みを行っています。これには、生産プロセスでのエネルギー消費の削減や、使用済みタイヤのリサイクル、さらには製品自体の耐久性や燃費効率の改善などが含まれます。

社会への貢献

DUNLOPは、社会への貢献活動も積極的に行っています。これには、交通安全教育の推進や、地域コミュニティへの支援活動などが含まれます。また、従業員の健康と福利厚生にも注力し、働きやすい職場環境の整備に努めています。

以上のように、DUNLOPはその長い歴史を通じて日本の自動車産業に対して大きな貢献を果たしてきた企業であり、その活動は製品の開発だけでなく、環境や社会への貢献にも及んでいます。その結果、DUNLOPは日本国内外で高い評価を得ており、今後もその地位を維持し続けることが予想されます。

205/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄5種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
SP SPORT MAXX 060+低燃費スポーティタイヤ
VEURO VE304プレミアムコンフォートタイヤ
LE MANS V+AAコンフォートタイヤ
エナセーブ EC204AAスタンダードタイヤ
エナセーブ RV505AAミニバン専用
DIREZZA ZIIIなしなしスポーツタイヤ
DIREZZA DZ102なしなしスポーティタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

DUNLOPコンフォートタイヤのオススメポイント

VEURO VE304(びゅーろぶいいーさんまるよん)はダンロップのフラッグシップコンフォートモデルになります。

VEURO VE304はダンロップコンフォート共通の特徴である特殊吸音スポンジを内部に搭載しています。

自分でパンク修理される方は注意ですが、これによりタイヤ内部の空気が共振することによる音を吸収してくれます。

 

ダンロップ史上最も静かなタイヤです。

LE MANS Vよりも転がり抵抗は大きくなりますが、ウェットグリップは優れています。

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「a」という高いレベルでの両立をしています。

 

特筆する特徴

  • 静粛性能
  • ウェットグリップ性能

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

ビューロについて更に詳しくはこちら
VEURO VE304はダンロップのフラッグシップコンフォートモデルで、その主な特徴は、特に優れた静粛性と快適な乗り心地にあります。以下にその詳細を説明します:

  1. 特殊吸音スポンジ: このタイヤは特殊な吸音スポンジを内部に搭載しています。これはタイヤ内部で発生する共振音を吸収し、静粛性を向上させるためのものです。この機能は、特に高速道路などでの長距離ドライブ中にタイヤからの騒音を大幅に減少させるため、ドライバーや乗客の疲労を軽減します。
  2. 注意事項: 吸音スポンジはパンク修理の際に注意が必要です。なぜなら、吸音スポンジが存在することにより、タイヤ内部の構造が通常のタイヤと異なるため、適切な修理手順が必要だからです。そのため、パンク修理は専門のタイヤ修理業者に依頼することをお勧めします。
  3. コンフォート性能: VEURO VE304は、乗り心地を最優先した設計がなされています。そのため、路面からの振動や衝撃を効果的に吸収し、快適なドライブを実現します。

これらの特徴により、VEURO VE304は高速道路を頻繁に利用するドライバーや、長距離ドライブを好むドライバーにとって、非常に適した選択肢となります。

LE MANS V(ルマンファイブ)は、ダンロップタイヤのラインナップの中ではコンフォートタイヤになります。

低燃費と静粛性を両立したタイヤで転がり抵抗「AA」を獲得しています。

同時にウェットグリップ「b」を達成しています。

他社のコンフォートタイヤはタイヤ内部に吸音素材や吸音構造を採用していますが、こちらはタイヤ内側に吸音スポンジを貼り付けています。

自分でパンク修理をされる方は注意が必要です。
※ごく少数でしょうが。

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • 静粛性
  • ロングライフ

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

ルマン5について更に詳しくはこちら
LE MANS V(ルマンファイブ)は、ダンロップが提供するコンフォートタイヤで、低燃費性能と静粛性を両立したタイヤです。以下に、LE MANS Vの特徴を詳しく説明します。

  1. 転がり抵抗とウェットグリップの性能 LE MANS Vは、転がり抵抗「AA」とウェットグリップ「b」の性能を同時に達成しています。これにより、燃費効率が向上し、ウェット路面でのグリップ性能も確保されています。これらの性能は、運転中の安全性と快適性に寄与します。
  2. 吸音スポンジの採用 他社のコンフォートタイヤがタイヤ内部に吸音素材や吸音構造を採用するのに対し、LE MANS Vはタイヤ内側に吸音スポンジを貼り付けています。この吸音スポンジは、タイヤから発生する騒音や振動を効果的に吸収し、車内の静粛性を高めます。これにより、快適なドライブが実現されます。
  3. 注意点 LE MANS Vはタイヤ内側に吸音スポンジを貼り付けているため、自分でパンク修理を行う際には注意が必要です。吸音スポンジを損傷させないように、修理作業に十分気を付けることが重要です。また、パンク修理に不慣れな場合は、専門のタイヤショップに修理を依頼することをお勧めします。
  4. 用途と適用車種 LE MANS Vは、セダンやハッチバック、ステーションワゴン、ミニバンなどの様々な車種に適用されています。低燃費性能と静粛性が求められる車種や、長距離ドライブを頻繁に行うユーザーに特に適しています。

これらの特徴から、LE MANS Vは、静粛性と低燃費性能を重視するドライバーにとって魅力的なタイヤです。また、ダンロップが長年培ってきた技術力を活かし、総合性能の高いタイヤを提供していることも評価されています。

 

エナセーブシリーズのオススメポイント

エナセーブシリーズは、ダンロップタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤになります。

「EC204」は転がり抵抗「AA」を獲得。ウェットグリップは「c」になっています。

背の高いクルマ専用の「RV505」は転がり抵抗「AA」ウェットグリップは「b」とやや安全性能寄りとなっています。

RV505は「ふらつき制御」EC204は「ロングライフ性能」を高めています。

 

RV505はミニバン・コンパクトカー・軽自動車対応となり、特に背の高いタイプ推奨です。

EC204はセダン・ハッチバック・ミニバン・コンパクトカー・軽自動車とすべてのタイプ対応です。

 

特筆する特徴

  • 低燃費性能
  • ロングライフ
エナセーブシリーズについて更に詳しくはこちら
エナセーブシリーズは、ダンロップタイヤが提供する低燃費タイヤのラインナップです。このシリーズのタイヤは、転がり抵抗を低減する技術や独自のコンパウンドを用いて、燃費効率を向上させています。さらに、ウェットグリップ性能や運動性能にも優れているため、安全性や快適性を損なわずに燃費性能を追求できます。

  1. EC204は、転がり抵抗「AA」を獲得し、燃費性能に優れています。ウェットグリップは「c」で、標準的な性能を提供します。また、ロングライフ性能を高めることで、タイヤ交換の頻度を減らし、コストパフォーマンスも向上させています。
  2. RV505は、特に背の高い車種に推奨されるタイヤです。転がり抵抗「AA」を獲得し、ウェットグリップは「b」と安全性能にやや重点を置いています。また、「ふらつき制御」を高めることで、車両の安定性を向上させ、安全で快適なドライビングをサポートしています。
  3. エナセーブ NEXT IIIは、転がり抵抗「AAA」ウェットグリップ「a」という優れた性能を持っていますが、195/65R15の1サイズのみの展開となっています。そのため、対応する車種が限定されていますが、該当サイズが適合する場合は非常に高い性能を発揮します。

以上のことから、エナセーブシリーズは、燃費性能を重視するドライバーにとって魅力的なタイヤラインナップと言えます。各タイヤは、それぞれ異なる特性や対応車種を持っているため、自分の車種やドライビングスタイルに合ったタイヤを選ぶことが重要です。

エナセーブシリーズは、ダンロップタイヤが提供する低燃費タイヤのラインナップです。低燃費タイヤは、燃費効率を向上させることを目的としており、環境にやさしく経済的な運転をサポートします。エナセーブシリーズのタイヤは、以下の特徴を持っています。

  1. 転がり抵抗の低減 エナセーブシリーズは、転がり抵抗を低減することで、燃費効率を向上させます。転がり抵抗とは、タイヤが地面と接触する際に発生する抵抗力のことで、これが小さいほど、燃料消費が抑えられます。
  2. 独自のコンパウンド技術 ダンロップは、独自のコンパウンド技術を用いて、エナセーブシリーズのタイヤを開発しています。この技術により、タイヤのグリップ力や耐摩耗性が向上し、燃費性能が向上します。
  3. ウェットグリップ性能 エナセーブシリーズのタイヤは、ウェット路面でのグリップ性能にも優れています。これにより、雨天時や湿った路面でも安全で快適なドライビングが可能となります。
  4. 運動性能と快適性のバランス 低燃費タイヤでありながら、運動性能や快適性を犠牲にしていません。エナセーブシリーズのタイヤは、乗り心地の良さやハンドリング性能も考慮して設計されています。

これらの特徴により、エナセーブシリーズは燃費性能を重視するドライバーにとって魅力的な選択肢となっています。ただし、各タイヤには異なる特性や対応車種があるため、自分の車種やドライビングスタイルに合ったタイヤを選ぶことが重要です。

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

ダンロップタイヤの特色

ダンロップタイヤは「経済性」が特徴のタイヤになります!

今回の205/55R16ではほとんどのタイヤで転がり抵抗「AA」以上を獲得しており、タイヤそのものの寿命も伸ばしており、経済性に優れるタイヤです!

ダンロップタイヤの特色について更に詳しくはこちら
ダンロップタイヤの特色として「経済性」が挙げられます。195/65R15サイズのタイヤの中で、多くのダンロップ製タイヤが転がり抵抗「AA」以上を獲得していることからもその経済性がうかがえます。以下に、ダンロップタイヤの経済性に関する特徴をいくつか紹介します。

  1. 転がり抵抗の低減 ダンロップタイヤは、転がり抵抗を低減することで燃費効率を向上させます。これにより、ドライバーは燃料費を節約できるため、経済的に優れた選択肢となります。
  2. 耐摩耗性 ダンロップタイヤは、耐摩耗性にも優れています。タイヤの寿命が長いことで、タイヤ交換の頻度が低くなり、コストを抑えることができます。
  3. 低燃費タイヤのラインナップ ダンロップは、低燃費タイヤのラインナップを充実させています。エナセーブシリーズなどの低燃費タイヤは、燃費効率を重視するドライバーにとって魅力的な選択肢となります。
  4. コストパフォーマンス ダンロップタイヤは、性能と価格のバランスに優れています。高い性能を持ちながらも、比較的手頃な価格で提供されているため、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

これらの特徴から、ダンロップタイヤは経済性に優れた選択肢として多くのドライバーに支持されています。ただし、車種やドライビングスタイルによっては、他のタイヤメーカーの製品が適している場合もありますので、自分に合ったタイヤを選ぶことが重要です。

TOYOタイヤの205/55R16の夏タイヤ一覧

TOYO(トーヨー)タイヤで205/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • PROXES Comfort IIs
  • PROXES R1R
  • TRANPATH mp7
  • NANOENERGY 3 PLUS
  • SD-7

上記の5ブランドです。

TOYOは1904年創業の日本企業です!

2008年より国内No1企業であるBRIDGESTONEと資本・業務提携を行っています!

国内シェアはNo4の企業です!

トーヨータイヤについて更に詳しくはこちら
TOYOは、1904年に創業した日本のタイヤメーカーです。以下にその詳細を説明します。

1. TOYOの歴史:

TOYOは、1904年に創業しました。創業当初から機械部品の製造を手掛けていましたが、その後自動車タイヤ製造へと事業を拡大しました。戦後の復興期には、日本の自動車産業の発展に伴って急速に成長しました。

2. TOYOの製品と技術開発:

TOYOは、車両用タイヤの製造を主力としていますが、その製品ラインナップは多岐にわたります。乗用車、トラック、バス用タイヤから、特殊車両用タイヤまで幅広く取り扱っています。

また、TOYOは高品質なタイヤの提供だけでなく、革新的な技術開発にも力を入れています。例えば、耐久性と燃費効率を向上させる新素材の開発や、走行安全性を高めるための新たなタイヤデザインの研究などが行われています。

3. TOYOの現状と将来展望:

現在、TOYOはその品質の高さと技術力により、日本国内外の自動車メーカーから信頼を得ています。また、環境配慮型の製品開発や製造プロセスの改善にも取り組み、持続可能な経営を目指しています。

将来的には、電気自動車や自動運転車の普及に伴い、新たな需要が生まれると予想されます。TOYOはこれらの新たなチャレンジに対応するため、技術開発や製品開発を進めていくでしょう。

以上のように、TOYOはその長い歴史と革新的な技術開発を通じて、日本の自動車産業に大きく貢献してきた企業であり、現在もその地位を保持しています。

205/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄5種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
PROXES Comfort IIsプレミアムコンフォートタイヤ
PROXES R1Rなしなしスポーツタイヤ
TRANPATH mp7ミニバン(背高軽自動車含む)用タイヤ
NANOENERGY 3PLUS低燃費タイヤ
SD-7スタンダードタイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

トーヨータイヤのオススメポイント

PROXES Comfort IIs(ぷろくすこんふぉーとつーえす)は静粛性と乗り心地に特化したタイヤです。

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「b」と燃費性能と静粛性、セダン・スポーティ車専用設計のタイヤです。

燃費性能を一切気にしないタイプの方には向いているかもしれません。

PROXES Comfort IIsについて詳しくはこちら
PROXES Comfort IIsは、TOYOが製造する高品質なタイヤで、特に静粛性と乗り心地に焦点を当てた設計が特徴となっています。以下にその詳細を掘り下げてみましょう。

1. 静粛性と乗り心地の特化:

PROXES Comfort IIsは、快適なドライビングを追求して設計されています。特に静粛性に優れており、ロードノイズの低減に成功しています。これは、タイヤが道路と接触する際の振動や音を抑えるための特殊なゴム混合物やパターンデザインによるものです。

また、乗り心地にも特化しています。これは、タイヤのクッション性能を向上させるための特殊な内部構造によるもので、これにより道路からの振動を吸収し、快適なドライブを提供します。

2. 燃費性能と安全性:

PROXES Comfort IIsは、転がり抵抗「A」、ウェットグリップ「B」の評価を受けています。転がり抵抗「A」は、タイヤが道路上を転がる際のエネルギーロスを最小限に抑える能力を表しており、これにより燃費性能が向上します。

ウェットグリップ「B」は、濡れた道路での制動性能を示しています。これは特に雨天時などのスリップ事故を防ぐために重要で、高いウェットグリップ評価は安全性の向上に寄与します。

3. 対応車種:

PROXES Comfort IIsは、セダンやスポーティな車種に特化した設計がなされています。これは、これらの車種のドライバーが求める快適性や静粛性を満たすためのもので、さまざまな道路条件や運転スタイルに対応できるように設計されています。

以上のように、PROXES Comfort IIsは、静粛性と乗り心地に特化した高品質なタイヤであり、同時に燃費性能と安全性にも優れています。これらの特性は、特にセダンやスポーティな車種のドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

TRANPATH mp7(とらんぱすえむぴーせぶん)はミニバン・コンパクトカー・軽自動車の特に背の高いタイプの車両専用設計です。

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「a」とこちらはラベリング制度も高性能かつ低価格で実現しています。

TRANPATH mp7について詳しくはこちら
TRANPATH mp7は、特にミニバン、コンパクトカー、軽自動車の高背タイプの車両に特化した設計のタイヤです。以下にその詳細を説明します。

1. 専用設計:

TRANPATH mp7は、特に高背タイプの車両に対応するために設計されています。これらの車両は風圧の影響を受けやすく、また重心が高いために横滑りしやすい傾向があります。そこで、このタイヤは高い安定性とコーナリング性能を提供するための特殊なパターンデザインや構造を採用しています。

2. 燃費性能と安全性:

TRANPATH mp7は、転がり抵抗「A」、ウェットグリップ「A」の評価を受けています。これは、燃費性能と安全性の両方に優れていることを示しています。

転がり抵抗「A」は、タイヤが車両の動きに抵抗せず、スムーズに転がる能力を表しています。これは燃費性能の向上に直結します。ウェットグリップ「A」は、濡れた道路でも優れたグリップ力を保つことを示し、雨天時の安全性を向上させます。

3. コストパフォーマンス:

TRANPATH mp7は、高性能でありながらも低価格を実現しています。これは、製造プロセスの効率化や材料選定によりコストを抑え、それを消費者価格に反映させているからです。このため、このタイヤは優れたコストパフォーマンスを提供します。

以上のように、TRANPATH mp7は、特に高背タイプの車両に対応する設計、高い燃費性能と安全性、そして優れたコストパフォーマンスを兼ね備えたタイヤです。これらの特性は、特にミニバン、コンパクトカー、軽自動車のドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

NANOENEGY3PLUS(なのえなじーすりーぷらす)は、TOYOタイヤのラインナップの中では低燃費タイヤになります。

推奨車種がセダン・スポーティ・コンパクトカー推奨です。

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「b」となっています。

NANOENERGY3PLUSについて詳しくはこちら
NANOENERGY3PLUSはTOYOタイヤが製造する低燃費タイヤで、特にセダン、スポーティ車、コンパクトカー向けに推奨されています。以下にその特徴を詳しく説明します。

1. 低燃費性能:

NANOENERGY3PLUSは、低燃費を追求した設計がされています。これは、転がり抵抗「A」の評価を受けていることからもわかります。転がり抵抗とは、タイヤが道路と接触することで生じるエネルギーロスを指します。NANOENERGY3PLUSはこの転がり抵抗を最小限に抑えることで、燃費性能を向上させています。

2. 安全性:

ウェットグリップ「B」の評価を持つNANOENERGY3PLUSは、濡れた道路でも安全性能を維持します。ウェットグリップとは、濡れた路面でのブレーキ性能を指し、この評価は雨天時のドライビング安全性に寄与します。

3. 対応車種:

NANOENERGY3PLUSは、セダン、スポーティ車、コンパクトカー向けに特化した設計がされています。これらの車種のドライバーが求める運動性能や乗り心地を満たすための特殊な内部構造やパターンデザインを採用しています。

4. 長寿命:

NANOENERGY3PLUSは、耐久性にも優れています。特殊なゴム混合物や内部構造により、長期間にわたる使用や過酷な道路条件でも性能を維持します。

以上のように、NANOENERGY3PLUSは、低燃費性能、安全性、対応車種の幅広さ、そして耐久性という、四つの主要な特性を持つタイヤです。これらの特性は、特に燃費性能を重視するドライバーや、スポーティな走りを楽しむドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

SD-7は推奨車種がセダン・スポーティとなっており、こちらはロングライフを売りにしています。

転がり抵抗「A」ウェットグリップ「c」という性能です。

SD-7について詳しくはこちら
SD-7は、TOYOタイヤが提供するロングライフタイヤで、セダンやスポーティな車種に推奨されています。このタイヤは、耐摩耗性に重点を置いており、タイヤ寿命を延ばすことで総合的なコストパフォーマンスを向上させることを目指しています。

転がり抵抗に関しては、「A」の評価を受けています。これにより、燃費性能が向上し、環境負荷の軽減に貢献しています。ウェットグリップ性能は「c」となっており、雨天時のグリップ力はある程度確保されていますが、他の高性能タイヤに比べるとやや劣る点があります。

SD-7の特徴としては、特殊なゴムコンパウンドと独自のトレッドパターンを採用しており、これによりタイヤの摩耗を抑えることができます。また、タイヤの構造や材料に工夫を凝らすことで、耐摩耗性を高めるだけでなく、快適な乗り心地も提供しています。

総合的に見ると、SD-7は、長寿命と燃費性能を重視するドライバーに適したタイヤです。ウェットグリップ性能は他の高性能タイヤに比べてやや劣りますが、長期的な使用やコストパフォーマンスを考慮する際には適した選択肢となります。

特筆する特徴

  • 低価格

価格面では低価格なタイヤです。

TOYOタイヤの特色

TOYOタイヤは「初期費用の安さ」が特徴のタイヤになります!

ボディタイプを選びますが、価格面で非常にリーズナブルです!

トーヨータイヤの特色について更に詳しくはこちら
TOYOタイヤは、日本のタイヤメーカーとして、高品質かつ手頃な価格で提供されるタイヤの特徴を持っています。この価格競争力は、初期費用を抑えたい消費者にとって魅力的です。

特に、TOYOタイヤは各車種や用途に合わせて幅広いラインナップを展開しており、セダン、ミニバン、コンパクトカー、スポーツカーなど様々なボディタイプに対応しています。これにより、ドライバーは自分の車種や走行条件に適したタイヤを選ぶことができ、コストパフォーマンスを最大限に引き出すことが可能です。

また、TOYOタイヤは技術革新にも力を入れており、燃費性能や耐摩耗性を向上させることで、長期的なランニングコストも低く抑えることができます。このため、初期費用だけでなく、維持費にも優れたコストパフォーマンスを提供しています。

要するに、TOYOタイヤの特徴は、高品質でありながら手頃な価格で提供されることにあります。これにより、初期費用や維持費を抑えたいドライバーにとって魅力的な選択肢となります。さらに、幅広いラインナップが展開されているため、様々な車種や用途に合わせて最適なタイヤを選ぶことができます。

グッドイヤータイヤの205/55R16の夏タイヤ一覧

GOOD YEAR(グッドイヤー)タイヤで205/55R16の取り扱いのある夏タイヤブランド

  • EAGLE F1 SPORT
  • EAGLE RS SPORT S-SPEC
  • EfficientGrip Performance2
  • EfficientGrip Comfort
  • EfficientGrip ECO EG02
  • EfficientGrip RVF02

上記の6ブランドです。

GOOD YEARは1898年創業のアメリカ企業です!

日本のBRIDGESTONE・フランスのMICHELIN・ドイツのKONTINENTARU・アメリカのGOOD YEARの世界最大のタイヤ会社の一角です!

グッドイヤーについて更に詳しくはこちら
Goodyear Tire & Rubber Company(グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー)は、1898年にアメリカ・オハイオ州アクロンで創業されたタイヤ製造企業です。以下にその詳細を掘り下げてみましょう。

1. 創業と初期の歴史:

グッドイヤーは、1898年にフランク・A・シーベリングによって設立されました。会社名は、19世紀のアメリカン・インベンターで、現代のゴム産業の父とも称されるチャールズ・グッドイヤーにちなんでいます。初期の製品ラインナップは馬車用のタイヤ、自転車用のタイヤ、そしてポーカーチップなど、さまざまでした。

2. イノベーションと成長:

20世紀に入ると、グッドイヤーは急速に成長し、自動車産業の発展と共にその製品ラインを拡大しました。1916年には、アメリカ国内のタイヤメーカーの中で最大の販売台数を記録しました。その後も、自動車用ラジアルタイヤの開発や、ランフラットタイヤの開発など、業界のイノベーションをリードし続けました。

3. 現代のグッドイヤー:

現代のグッドイヤーは、世界中で幅広い製品ラインを提供する大手タイヤメーカーとなっています。乗用車、トラック、バス、航空機、農業用機器、産業用機器など、幅広い分野に対応するタイヤを製造しています。

また、モータースポーツ界にも深く関与しており、特にNASCAR(ナスカー)やF1(フォーミュラ1)などのレースでは、グッドイヤーのタイヤが数多くのチャンピオンシップを勝ち取っています。

4. サステナビリティへの取り組み:

グッドイヤーは炭素排出量の削減にも取り組んでいます。これには、製造過程の改良や、より環境に優しい素材の使用、製品自体の燃費効率の向上などが含まれます。また、持続可能な未来のための新しい技術の開発、例えば電気自動車のための特化したタイヤや、再生可能な素材から作られたゴムなども積極的に進めています。

5. 社会的貢献活動:

グッドイヤーは、コミュニティへの貢献と公共福祉の向上にも重きを置いています。その例として、学校や教育機関への支援、公共の安全と健康のためのプログラム、地域社会の持続可能な発展に向けた活動などがあります。

6. グローバルな存在感:

現在、グッドイヤーは世界中で22カ国に製造施設を構え、約63,000人の従業員を雇用しています。その製品は、全世界で販売され、そのブランド名は広く認識されています。

以上のように、グッドイヤーはその創業以来、タイヤ製造業界のリーダーとして、革新的な製品とサービスの提供を通じて、全世界の移動と輸送のニーズを満たし続けています。そしてその一方で、社会的責任と環境への配慮を重視し、持続可能な未来を目指して様々な取り組みを行っています。

205/55R16サイズの取り扱いブランド銘柄6種類を比較で並べました。

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップメモ
EAGLE F1 SPORTエントリースポーツタイヤ
EAGLE RS SPORT S-SPECなしなしピュアスポーツタイヤ
EfficientGrip Performance 2AAハイパフォーマンスコンフォート
EfficientGrip ComfortAAドライビングコンフォートタイヤ
EfficientGrip ECO EG02AAスタンダードエコタイヤ
EfficientGrip RVF02AAミニバン専用タイヤ

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

EfficientGrip シリーズのオススメポイント

EfficientGrip Comfort(エシシェントグリップコンフォート)は、EfficientGripシリーズの中ではコンフォートタイヤになります。

ドライビングコンフォートタイヤとして販売しています。

 

「高い静粛性とシャープなハンドリングを高次元でバランス・エレガントな乗り心地と走る喜びを叶えるコンフォートタイヤ」という謳い文句で操舵性も追求しています。

コンフォートタイヤとしては珍しい転がり抵抗「AA」ウェットグリップ「b」を達成しています。

 

何らかの性能をとがらせることなくトータルで高性能なのが特徴です。

 

特筆する特徴

  • トータルバランス
  • 操舵性
  • 低燃費性能

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

EfficientGrip Comfortについて更に詳しくはこちら
EfficientGrip Comfortは、グッドイヤーが製造するコンフォートタイヤの一つで、とても特徴的な製品です。以下にその詳細な特徴を掘り下げてみましょう。

1. コンフォート性能:

EfficientGrip Comfortは、その名前が示す通り、運転の快適さに重点を置いて設計されています。これは、タイヤの乗り心地を改善し、道路上のノイズを低減するための特別なデザインと材料を使用しています。特に、”高い静粛性とエレガントな乗り心地”を提供することを目指しています。

2. ハンドリング性能:

ただし、快適性だけでなく、EfficientGrip Comfortは”シャープなハンドリング”も提供します。これは、ドライバーが車を正確に操作し、必要なときに素早く反応できることを意味します。これは、タイヤの特殊なトレッドパターンと、その内部構造により実現されています。

3. 燃費性能:

EfficientGrip Comfortは、”転がり抵抗「AA」”の評価を受けています。これは、タイヤが道路と接触する際に生じるエネルギーロスが非常に小さいことを示しており、その結果、車の燃費性能が向上します。

4. 安全性能:

また、”ウェットグリップ「b」”の評価を持つEfficientGrip Comfortは、雨天時でも優れたブレーキ性能を提供します。これは、濡れた路面での滑りを防ぎ、ドライバーが安全に車を制御できることを確保します。

総合的に見ると、EfficientGrip Comfortは、快適な乗り心地、優れたハンドリング性能、低燃費、そして雨天時の安全性という、四つの主要な特性を持つタイヤです。これらの特性は、特に長距離ドライブや都市間移動を頻繁に行うドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

EfficientGrip ECO EG02のオススメポイント

EfficientGrip ECO EG02(エシシェントグリップエコイージーゼロツー)は、低燃費タイヤになります。

 

転がり抵抗「AA」ウェットグリップ「c」です。

 

特筆する特徴

  • トータルバランス
  • ロングライフ

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

EfficientGrip ECO EG02について詳しくはこちら
EfficientGrip ECO EG02は、グッドイヤーのエコフレンドリーで低燃費タイヤの一つです。以下にその特徴と利点について詳しく説明します。

1. 低燃費性能:

EfficientGrip ECO EG02は、その設計の中心に燃費効率を置いています。その証拠として、転がり抵抗「AA」の評価を受けています。これは、タイヤが道路と接触する際に生じるエネルギーロスを最小限に抑えることを意味し、それにより車の燃費性能が大幅に向上します。

2. エコフレンドリー:

このタイヤは、環境に配慮した設計と製造プロセスが用いられています。これは、生産時の炭素排出を最小限に抑えるとともに、タイヤ寿命全体を通じてその環境影響を低減することを目指しています。

3. ウェットグリップ性能:

EfficientGrip ECO EG02は、ウェットグリップ「c」の評価を受けています。これは、濡れた路面でのブレーキング性能とトラクションが確保されていることを示しています。雨天時でもドライバーが安全に車を制御できるように設計されています。

4. デュラビリティ:

EfficientGrip ECO EG02は、耐久性にも重点を置いて設計されています。これにより、タイヤの寿命が延び、全体的なコスト効率が向上します。

このように、EfficientGrip ECO EG02は、エコフレンドリーで低燃費なタイヤとして、燃費効率、環境影響の低減、濡れた路面での安全性、そして耐久性といった多面的な特性を持つ製品です。これらの特性は、特に環境に配慮したドライビングを求めるドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

EfficientGrip EVF02のオススメポイント

EfficientGrip RVF02(エシシェントグリップアールブイエフゼロツー)は、GOOD YEARタイヤのラインナップの中ではミニバン用タイヤになります。

 

ミニバン専用の設計となっているのでハイトワゴン系の軽自動車も対応しています。

ミニバン・RVタイヤとしては珍しい転がり抵抗「AA」ウェットグリップ「b」を達成しています。

 

何らかの性能をとがらせることなくトータルで高性能なのが特徴です。

 

特筆する特徴

  • トータルバランス
  • 静粛性
  • 低燃費性能

価格面では中価格〜高価格なタイヤです。

EfficientGrip RVF02について更に詳しくはこちら
EfficientGrip RVF02は、グッドイヤーが製造するミニバン専用のタイヤで、その特性は以下の通りです。

1. ミニバン専用設計:

EfficientGrip RVF02はミニバンやハイトワゴン系の軽自動車専用に設計されています。これらの車種は大型で重量があるため、特定の要件、例えば荷重耐久性や安定性などが求められます。EfficientGrip RVF02はこれらの要件を満たすように設計され、それらの車種のパフォーマンスを最大限に引き出します。

2. 低燃費性能:

EfficientGrip RVF02は、転がり抵抗「AA」の評価を受けています。これは、車が走行する際にタイヤと路面との間で生じるエネルギーロスを最小限に抑えることができることを示しています。これにより、燃費が向上し、ドライバーはガソリン代を節約できます。

3. ウェットグリップ性能:

EfficientGrip RVF02は、ウェットグリップ「b」の評価を受けています。これは、濡れた路面でのブレーキング性能が優れていることを意味します。悪天候時でもドライバーが安全に車を制御できるように設計されています。

4. 耐久性:

ミニバンやハイトワゴン系の軽自動車は、家族や荷物を運ぶために頻繁に使用されるため、タイヤの耐久性は重要な要素となります。EfficientGrip RVF02は、長期間にわたる使用に耐えられるように設計されています。

総じて、EfficientGrip RVF02は、ミニバンやハイトワゴン系の軽自動車のドライバーが求める特性、つまり、車種専用の設計、低燃費性能、濡れた路面での安全性、そして耐久性を持つタイヤとして設計されています。これらの特性は、特に家族での長距離移動や頻繁な荷物運搬を行うドライバーにとって魅力的な選択肢となるでしょう

グッドイヤータイヤの特色

GOOD YEARタイヤは「トータルバランス」が特徴のタイヤになります!

価格面では手を出しやすいお値段です。

グッドイヤータイヤの特色について更に詳しくはこちら
グッドイヤータイヤは、総合的なバランスが取れた性能が特徴で、様々なタイヤニーズに対応できるラインナップが揃っています。以下に、その特徴を詳しく説明します。

  1. トータルバランス: グッドイヤーは、耐久性、静粛性、乗り心地、燃費性能、グリップ性能など、さまざまな要素をバランス良く兼ね備えたタイヤを提供しています。これにより、ドライバーは自分の運転スタイルや車種に合わせた最適なタイヤを選ぶことができます。
  2. 多様なラインナップ: グッドイヤーは、コンフォートタイヤから低燃費タイヤ、ミニバン用タイヤまで幅広いラインナップを持っており、それぞれのタイヤが異なる特徴を持っています。例えば、EAGLE LS Premiumはラグジュアリー向けのコンフォートタイヤで、EfficientGrip Comfortはドライビングコンフォートを重視したタイヤです。これにより、ドライバーは自分の要求に応じたタイヤを選ぶことができます。
  3. リーズナブルな価格: グッドイヤーのタイヤは、高品質ながらも手頃な価格で提供されています。これにより、多くのドライバーが良質なタイヤを手に入れることができ、タイヤ交換の際の負担も軽減されます。
  4. 革新的な技術: グッドイヤーは、タイヤの性能向上のために独自の技術を開発し、採用しています。これにより、最新の技術が組み込まれた高性能タイヤが提供されています。

グッドイヤータイヤは、総合的な性能とリーズナブルな価格が特徴で、様々なドライバーのニーズに対応する幅広いラインナップを持っています。これにより、グッドイヤーは多くのドライバーに信頼されるタイヤブランドとなっています。

タイヤ選びで考慮すること

ラベリング制度

タイヤは客観的に得られる情報が少ないので選ぶのが非常に難しいのが現状です。

その中でも、客観的に性能を判断するために設定されたのがラベリング制度です。

転がり抵抗ランクが「A」以上かつウェットグリップ性能が「d」以上な物が「低燃費タイヤ」に該当します。

低燃費タイヤには上の「低燃費タイヤ」専用マークの入ったラベルが貼られます。

一般社団法人日本自動車タイヤ協会が設定しており、国内に流通しているタイヤメーカー14社がラベリング制度に参加しています。

転がり抵抗係数

AAAが最上でCが一番下のランクです。

Cの基準以下のものにはラベルがつきません。

転がり抵抗係数(RRC)等級
6.5以下AAA
6.6〜7.7AA
7.8〜9.0
9.1〜10.5
10.6〜12.0

転がり抵抗12.0を超えるとラベリングの対象外となります。

 

ウェットグリップ性能

aが最上でdが一番下のランクです。

dの基準以下のものにはラベルがつきません。

ウェットグリップ(G)等級
155以上
140〜154
125〜139
110〜124

ウェットグリップ110を下回るとラベリングの対象外となります。

ラベリング制度から読み取れる事

ラベリング制度から読み取れること

  • 低燃費性能
  • ウェットグリップ性能

これらが読み取れます。

 

ラベリング制度から読み取れない事

  • 乗り心地
  • 静粛性
  • ふらつき制御性能

感覚に由来するような部分は読み取れません。

ヨーロッパのラベリング制度では「低燃費性能」「ウェットグリップ」「静粛性」の3つの基準がありますが、日本のラベリング制度では「転がり抵抗」と「ウェットグリップ」しか基準がありません。

メーカーの謳い文句の部分は要注意

このように、ラベリング制度で判定される部分は共通の基準を持っています。

しかし、感覚に由来するようなふらつき制御や乗り心地の部分は好みの問題もあり、一概には判断できません。

 

メーカー公式の動画もこの記事内に貼り付けていますが、タイヤメーカを跨いだ検証というのはありません。

完全一致の条件(気温、路面温度、日射等)での比較が出来ないため、検証出来ないのですね。

 

また動画内のジャーナリストも当然、メーカの依頼で話しているのでマイナスのことは話しません。

 

なので、私の経験値とラベリングの判定と価格から勝手に私がこんな人にはこのタイヤがオススメというのをまとめます。

ミズコ

独断と偏見が入ります!

客観的に判断可能なラベリングの部分は平等に判断します!

 

走行中うるさいのが気になる人はこのタイヤがオススメ

コンパクトカー・軽自動車は排気量が小さくエンジン回転数も高くなります。

また、車体の吸音材も少ないことが多いため、騒音も発生しやすくなります。

 

そのため、静粛性能が高いタイヤは快適性の向上に最適です

 

こんな人にオススメ

  • 高速道路を多用する
  • 比較的ペースの早い一般道を走ることが多い
  • 車内の会話が聞き取りにくいことがある

このような方にコンフォートタイヤはオススメです。

価格面では高額な傾向にあります。

 

ミズコ厳選の静粛性タイヤ3銘柄

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップ
 REGNO GR-XⅡ
PRIMACY 4なしなし
ADVAN dB V552

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

静粛性が良いオススメタイヤはこの3本です。

さらにこの3本でそれぞれちょっと特徴が違います

  • 静粛性・快適性最優先ならば REGNO GR-XⅡ
    (転がり抵抗AAウェットグリップb)
  • トータルバランス重視ならば PRIMACY 4
    (転がり抵抗取得なし ウェットグリップ取得なし)
  • スポーティ寄りならば ADVAN dB
    (転がり抵抗Aウェットグリップa)
こんな基準で選べば大丈夫です。

ふらつくのが気になる人はこのタイヤがオススメ

ミニバンのように背の高いクルマはふらつきやすくなります。

軽自動車やコンパクトカーは、小さい面積で体積を出そうとするとやや背が高くなりやすいです。

背が高いと、ふらつきも発生しやすくなります。

 

こんな人にオススメ

  • 運転すると強い疲労感がある
  • ハンドルを強く握っていないと怖い
  • 高速道路で横風が気になる

特に背の高いタイプのクルマはふらつきが発生しやすいためふらつき制御機能も重要な要素になります。

 

ミズコ厳選の背高車向けふらつき制御タイヤ3銘柄

 

Amazonリンク銘柄(Amazonリンク)転がり抵抗ウェットグリップ
REGNO GRV Ⅱ
TRANPATH mp7
EfficientGrip RVF02AA

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

それぞれの優先度は

  • 静粛性と乗り心地優先ならばREGNO GRVⅡ
    (転がり抵抗A ウェットグリップb)
  • 雨の日の安全性も優先するならばTRANPATH mp7
    (転がり抵抗A ウェットグリップa
  • 低燃費性能優先ならEfficientGrip RVF02
    (転がり抵抗AA ウェットグリップb)

すべてミニバン・背が高いクルマ用タイヤです。

安全性が気になる人はこのタイヤがオススメ

乗り心地や静粛性よりも安全性が気になる人も多いと思います。

ウェットグリップ性能が低いと雨の日にいざという時にブレーキを踏んだ時にスリップしやすく制動距離が長くなります。

 

こんな人にオススメ

  • 通勤で雨の日にも必ず乗る
  • 雨が多い地域に住んでいる
  • いざという時に最短距離で止まってほしい

 

ミズコ厳選の雨に強いタイヤ3銘柄

 

Amazonリンク銘柄転がり抵抗ウェットグリップ
ADVAN dB V552
BluEarth-GT AE51AA
ECOPIA EP001SAAA

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

全てウェットグリップ「a」のタイヤになっています。

それぞれの優先度は

  • 静粛性が良いADVAN dB V552
    (転がり抵抗Aウェットグリップa)
  • ツーリング向き性能はBluEarth-GT AE51
    (転がり抵抗AAウェットグリップa)
  • かなり距離を乗り、燃費性能が高い方が良い人はECOPIA EP001
    (転がり抵抗AAAウェットグリップa)
ミズコ
このサイズではウェットグリップ「a」の選択肢は豊富です!

とにかく安く替えたい人はこのタイヤがオススメ

タイヤはクルマのメンテナンスでは高額になりがちです。

安全性を酷く犠牲にせず、価格面を重視する人用のランキング付けしました。

こんな人にオススメ

  • 単身赴任期間などで残りの乗る期間が短い
  • 家族構成の変化などで乗り換えが数年後
  • 大きな出費が控えているのでお金を貯めておきたい

 

ミズコ厳選の高コスパタイヤ3銘柄

とにかくコスパが良いタイヤをで3銘柄選びました。

低価格で転がり抵抗係数が高い方を上位としました。

Amazonリンク銘柄(Amazonリンク)転がり抵抗ウェットグリップ
BluEarth AE-01FAAA
SD-7
NANOENERGY 3PLUS

※表は横にスライドできます。銘柄タップでAmazonリンクです。

 

それぞれの優先度は

  • かなり距離を乗るのならばBluEarth AE-01F
    (転がり抵抗「AAA」ウェットグリップ「c」
  • 価格が安く低燃費タイヤが欲しいならばSD-7
    (転がり抵抗「A」ウェットグリップ「c」
  • ある程度の距離を乗りウェット性能も欲しいならばNANOENERGY 3PLUS
    (転がり抵抗「A」ウェットグリップ「b」

 

ネット価格とディーラ価格の見積もり差額計算

当ブログオススメのタイヤ交換の費用を下げるテクニック

205/55R16のタイヤで(特殊タイプを除く)最高値タイヤはREGNO GR-XⅡです。

このREGNOを購入した場合で試算してみましょう!

 

当ブログではタイヤはネット通販をオススメしています。

関連記事

ミズコ国家2級自動車整備士のミズコです!タイヤ交換を勧められたけどどこで買うのが正解!?こんな方向けの記事です!タイヤはどこで買うのかで大違い!「結論・通販が圧倒的に安い」維持費の[…]

 

タイヤはネット通販には2パターンあり。

  1. タイヤをネットで購入して自宅に届き、取付店に持ち込む。
  2. タイヤをネット購入して取付店に直送され、予約日時に取付店に行って取り付けてもらう。

1の場合はAmazonなどで最安値でタイヤを購入できる代わりに自分でタイヤ取付店を探す手間があります。

2の場合タイヤ通販サイト経由で購入+取り付け予約をして手間が少ない代わりに1の場合より若干高額になります。

 

Amazonでタイヤを購入した上で、この記事下にあるタイヤフッド経由で取り付け予約をすれば最安値になります!

タイヤ通販サイト、「タイヤフッド」では
・タイヤ購入+取り付け予約
・タイヤ取り付けのみ予約

の2パターンが出来ます。

「タイヤ取り付けのみ予約」←こっちを使います

自分で取付店にタイヤを持っていく手間はかかりますが、最安でタイヤ交換が可能です。

ディーラ交換の場合とネット通販の差額を検証してみましょう。

ディーラでREGNOを交換した場合

タイヤ価格(定価)34650円×4本=138600円
取り付け工賃(概算)処分バランス等コミコミ10000円
総額総額 148600円

 

タイヤ価格は定価、工賃は全国一律では無いですが、おおよそ10000円前後です。

 

総額は148600円となりました。

Amazonとタイヤフットを併用でREGNOに替えた場合

タイヤ価格(Amazon価格)19490円×4本=77960円
取り付け工賃(タイヤフッド全国一律価格)処分バランス等コミコミ13200円
総額総額 91160円

 

タイヤ価格はアマゾン価格で、工賃は全国一律で、13200円(16インチ以下)です。

 

総額は91160円となりました。

差額は57440円!やはりタイヤは通販を利用しよう!

REGNOで試算すると差額は57440円でした!

 

けっこう違うと思いませんか?

 

「タイヤのランクを下げて価格を下げる」

 

これなら簡単なんですが、より安全でより快適なタイヤを安く買えた方が嬉しいと思うんです。

 

差額で浮いたお金で何をしましょうか?

楽しみですね!

ミズコ

他にもクルマの維持費を安く・安全に乗るための情報を発信しています。

宜しければその他の記事も見てもらうとミズコが喜びます!

タイヤ通販&取り付け予約サイト!

タイヤフット!

  • 別で手配して用意した、タイヤの取り付けのみ予約
  • タイヤフットで購入してそのまま取り付け予約

どちらのパターンにも活用可能です!

特に取り付け予約のみ可能なのは最高に便利です!

 

取り付けのみ予約の場合

  • 全国(4500店舗以上)一律料金
  • ネット上の事前決済で店頭支払いゼロ
  • ネット上の予約完結
  • すべてコミコミの安心価格

コミコミに含まれるのは

  • タイヤを車体から脱着料金
  • タイヤとホイールの組み換え料金
  • バランス調整料金
  • ゴムバルブ交換料金
  • 廃タイヤ・廃ホイール処分料金

処分料金が入っている点ときっちりゴムバルブも替えてくれる点が丸です!



上のリンクからアクセス出来ます!

最新情報をチェックしよう!